茶房 とげとげ庵

アクセスカウンタ

zoom RSS 十代最後の旅 1.筑波を発つ

<<   作成日時 : 2014/09/10 17:11   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  研究室の一角には、約100匹の虫の蛹がある。解剖実験のために野外から採集してきたものだ。広い皿に盛られた大量の蛹は、さながら中国の露店で計り売りされる漢方薬のようである。

 蛹は数日で羽化し、翅を広げた虫は大空へ飛び立とうとするが、そうは問屋が卸さない。彼らは訳も分からぬまま無作為なペアリングによって強制交尾させられるのだ。メスに至っては交尾後に腹をもぎりとられ、顕微鏡で内部生殖器を覗かれながら絶命する。

 ああ、一体全体どんな鬼が、こんなにむごたらしいことをするのだろうか。何を隠そう私なのです。意義ある研究とはいえ、若干気が滅入るプロトコルである。しっかり結果を出さなければ虫に呪われてしまいそうです。

 十代最後の夏の過ごし方は数あれど、虫の腹を割く日々は極めて独自性の高いものと自負している。Facebookから伝わる同級生たちの凡庸な夏の出来事も悪くはないと思う。けれども、みんなと一緒じゃあ我慢がならない性分だった我が十代を締めくくるにはコレだ。

 8月某日、十代最後の夏に別れを告げるべく、私は100匹を残して研究学園都市を発った。最初に目指すは十代の大半を過ごした因縁の地、東京だ。

東京編へ続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十代最後の旅 1.筑波を発つ 茶房 とげとげ庵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる