茶房 とげとげ庵

アクセスカウンタ

zoom RSS 化物

<<   作成日時 : 2016/06/22 23:53   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 かつて通った学校に、にわかには信じがたい馬力で仕事をこなす人々がいた。彼らの原動力は、おそらく急進的かつ狂信的(と揶揄されてもやむを得ない)思想信条であったとみうけられる。驚くべき集中力を勉学に注ぎ、部活動でも成果を挙げ、生徒会にも名を連ねているようなタイプが、学年に沢山いたのだ。人柄は押しなべて陽気、周囲からの人望も厚く、言葉を交わせばなるほど好人物である。いささかビビりがちな生徒であった僕は、尊敬というよりむしろ畏怖の念を覚えていた。

 茨城くんだりに居を移すこと3年あまり、ああいう奴にはとんとお目にかからない。あれはやっぱり母校に固有の貴重な個体群であったのだろうと一人腑に落ちていたところ、彼らを彷彿とさせる御仁に出会った。まさか辺鄙なこの学び舎で化物馬力に拝謁するとは吃驚仰天。ところが話を聞いて再び仰天、なんと母校の同窓生とのたまった。つまるところは原産地の個体群から移入してきたという次第、由緒正しき血統書付き折り紙付き札付きの化物である。

 かなり誇張して書いてしまったけれど、高校時代の同級生にはすごい人たちがいたなぁ。翻って我が身を顧みれば、さしあたっての厄介事として大学院入学試験が立ちはだかる。目下専ら勉強しているものの、不安の霧を晴らすことはかなわない。とにもかくにも、心を強く保ちたいものだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
化物 茶房 とげとげ庵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる