アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「くらしぶり」のブログ記事

みんなの「くらしぶり」ブログ

タイトル 日 時
先立つ天下の回りもの
 とある昼下がりのこと、知人数名と談笑していたところ、ひょんなことから家計のやりくりの話題になった。会話が進むにつれ、身近だと思っていた皆々様方が、思いのほか高額の仕送りを受給していることが明るみになり、端的に言ってたまげた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/29 22:53
笑市民
 市民ホールにて落語会があるというので鑑賞してきた。開口一番の桃太郎に続いて引っ越しの夢、仲入り、曲芸、時そばという流れ。日ごろ実験作業のBGMにYouTubeで落語を聞いているのだが、やはりライブで味わう臨場感は格別であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 16:00
東西
図書館で本を借りて、百貨店で茶葉を買って、悠々自適の週末だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/21 00:42
怒気同期ニートparadise
 同じ高校から同じ大学へ進学した同級生で近況を報告しあった。とりわけ驚かされたのは、数学科の友人の優雅な毎日である。週1回のゼミに出席する以外は実家に身を置き、家事手伝いに近い生活を送っているそうだ。アルバイトはしておらず、就職や進学の予定もないという。来年度の見通しを問いただしたが、のらりくらりと誤魔化された。いわゆるひとつのパラサイトシングル前駆体といえよう。彼の表情はあまり明るくなかったが、少しふっくらとしたその顔立ちは、栄養状態の好転を雄弁に物語っていた。  単身世帯生活者としては、三... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/03 02:01
近況
○修学旅行 大学院進学のめどが立ったため、修学旅行先として名高い某地方都市へと赴いてセルフ慰労を目論んだ。いわゆる自分へのご褒美である。あまり観光はできなかったものの、ちょうど4年前に参加した講演会などを聴講した。感慨深いものがあった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/24 01:40
東からの使者
 北関東にひたひたと寒さが忍び寄ってきた。残暑を彼方へと追いやった北風は、キンモクセイやらイチョウの実やら畑の野焼きやらの微粒子を帯びて関東平野を駆け巡る。自由落下したどんぐりに頭を叩かれて天を仰げば、快晴の青空をイイギリの実が赤く彩っていた。枯れ枝に陣取ったノシメトンボも、木間に佇むジョロウグモも、草陰に歌うコオロギも、生命の猶予はあとわずか。寒さはヒトに対してもまた容赦を知らない。木枯らし未満の風といえども、ジャケットを引っ張り出させるには十分事足りる。日増しに降下する気温が、よろずの物体の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/16 20:18
咲いた
 卒研生にとっては院試の季節だ。どこもかしこも進学先の話題でもちきりである。卒業後のニッチを獲得せねば二進も三進もいかれないのだから致し方あるまい。狂い咲きでもない限りサクラサクとは問屋が卸しちゃあくれないものの、研究室のデスクに鎮座まします折鶴蘭が咲いた。3月に退官した教授から譲り受けた、たいへんありがたい鉢植えである。南アフリカから渡来したこのしたたかな植物の控えめな一輪も味わい深い。ささやかな祝福に少なからず心が和らいだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/02 01:06
あとのまつり
地元の祭りに行ってきた。晩夏の空は分厚い雲を湛え、気まぐれに小雨を振り撒いた。屋台や大道芸の喧騒から、気化熱がエネルギーを奪っていった。人いきれ、食品と酒の匂い、煙草や蚊取り線香の香り、濃密な情報量の大気を振動させるのは、大通りを進む太鼓の音である。雨に降られて風邪をひいたのだろうか、めまいがして会場を後にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/29 00:30
両賭戦略
 大学院入試の出願料を納付するとともに、落語のチケット代を振り込んだ。正負の変動要因に投資して精神の安定をはかる。寄席の頃にはいろいろ方がついているはずだけれど、心の底から笑えるのだろうか。両賭け戦略は生態学においてもリスク分散の一例として説明されている。賭け事といえば、最近観たアニメ映画「マルドゥック・スクランブル」でも、主人公がギャンブルに興じていた。印象深かったのは、登場人物が「自らの有用性を証明する」ことで、存在を許可されるという世界観だ。ディストピア系サイバーパンクっぽい作風が好きなの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/07 02:02
化物
 かつて通った学校に、にわかには信じがたい馬力で仕事をこなす人々がいた。彼らの原動力は、おそらく急進的かつ狂信的(と揶揄されてもやむを得ない)思想信条であったとみうけられる。驚くべき集中力を勉学に注ぎ、部活動でも成果を挙げ、生徒会にも名を連ねているようなタイプが、学年に沢山いたのだ。人柄は押しなべて陽気、周囲からの人望も厚く、言葉を交わせばなるほど好人物である。いささかビビりがちな生徒であった僕は、尊敬というよりむしろ畏怖の念を覚えていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/22 23:53
感情と欲望
 しばらく更新を滞らせると、ようやく書こうと思いたっても筆が進まない。近況を詳述すればきりがないし、かといってこれといった一大イベントもないからだ。有体に言えば山あり谷ありの毎日だが、その勾配は概して緩く、感情の起伏も小さい。ささやかながら嬉しいことや、いささか気に障ることが、1日にいくつかずつ通過していく。爆発するような歓喜や燃え上がるような怒りは鳴りを潜めて久しい。心の感度が鈍っているのか、それとも反応が弱まったのかわからないが、不思議なほどに落ち着いているのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/05 02:08
文化的な生活
 ここのところかかりきりだった文化祭が終わった。即席麺といくばくかの果物によって生きながらえた準備期間。依然として栄養状態はすこぶる悪いものの、精神的には落ち着いた気分でいる。景気よく煎茶を封切れば実に美味い。いつのまにやら熱い茶が嬉しい時季である。季節は待ってくれない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/11/14 22:46
− タイトルなし −
 常陸太田市にて開講された実習からの帰りしな、道の駅で岩檜葉の盆栽を買って、水戸で映画「アントマン」を観て、偶然会った学科の同級生と県立近代美術館に行って、千波湖のコクチョウを観察してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/28 10:20
これが僕の夏
 大学3年生の夏休みは、人生で最後の夏休みなのだそうだ。来年から始まる卒研、やがて訪れる就活競争、いずれ放り出される社会人生活を思い浮かべれば、なるほどその通りなのかもしれない。学科の同期の面々も、思い出をたくさんつくると息巻いている。Facebookをひらいてみれば、まばゆく輝く「友達」たちの笑顔が、タグ付けされてベルトコンベヤーよろしくスクロールされていく。ひと夏の思い出は一生の記憶に刻まれるのか、はたまたひととき「いいね!」を集めてその役目を終えるのか。ちかごろのSNSの隆盛にはぞっとしな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/16 01:46
フライト!
 クロオオアリの女王が7日に飛行しました。今年度はこいつを研究するので、深夜に大学構内を徘徊して150頭くらい捕獲。ちかごろ最大の悩みの種だった女王アリの調達が何とか成功したので一安心です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/10 03:01
近況もろもろ
<胸の薄さに悩む>  胸部の発達に思い悩む権利は日本国憲法により成人男子にも保障されている。  胸の苦しさが止まない。医者がいうには、胸部の骨格がちょっと漏斗胸気味なので、ストレスや心拍数の上昇などにより息苦しさを感じやすいそうだ。困ったものだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/12 15:47
物材研セミナー
 物質材料研究機構で行なわれた科学コミュニケーションに関するセミナーを受講しました。日経サイエンスの編集長による科学報道史の概説と、物材研の広報担当者によるワークショップからなる3時間程度の構成。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 01:34
13日の教養
 3年生を前に本格的なアルバイトに就くことになりました。研究学園都市内の学術施設で資料整理を担当します。収入の増加と安定をはかることで、生活の質の上昇が期待できそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/14 01:50
【ノンフィクション】待望のお誘い
 憧れていたキャンパスライフにまたひとつ近づくことができました。大学生なら誰もが憧れるアレです。キャンパスを何気なく歩いていたら急に声をかけられてときめきが始まるアレです!こんな日を待ってました! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/12 22:50
【フィクション】中央亜細亜流軟派講義
 彼は今冬いちばんの寒波とともに到来した。第一印象は身長だった。僕より頭ふたつ分は高い。彼の故郷にそびえるという大山脈を連想せずにはいられなかった。彼に割り当てられた学生宿舎の一室は、その長身に不釣り合いなくらい狭く感じた。英語、ロシア語、日本語で何とかコミュニケーションをはかる。彼はすでに4ヶ国語を操り、5つ目に日本語を学びたいのだという。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/11 00:44
県北へ進路をとれ
県北へ進路をとれ  普通免許を取得するため、水戸の免許センターに行ってきました。建物も、職員も、どこか昭和の臭気が漂う前時代的な施設でした。パンチパーマのヤンキーも間近で観察でき、シーラカンスの現生種を発見した科学者と同じ感動を味わいました。まだ生き残っていたのか! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/31 02:45
異常とは何か、彼女は誰か
異常とは何か、彼女は誰か  最近読んでいた「異常とは何か」で、石田徹也という人を知った。効率を追求するあまり、人間性を喪失してしまった現代社会をモチーフに、超現実的で薄暗い世界を描いた夭折の画家である。Googleの画像検索で見た彼の作品がどれも魅力的だったので、芸術専門学群の図書館へ足を運んだところ、狙い通り作品集を見つけることができた。  さっそく借りて、講義の合間に鑑賞していたところ、背後から声を掛けられた。石田徹也好きなの?と問うた彼女はたしか学類の同期だが、名前が思い出せない。申し訳ありませんがどなたでしょう... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/29 02:51
展覧会「動物礼讃」「バンクス花譜集」
展覧会「動物礼讃」「バンクス花譜集」  マックス・ウェーバーの「職業としての学問」にこんな一節がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/25 16:57
研究発表会
 今日は研究学園都市に雪が舞いました。小さな頃ほどはしゃげなくなったのはやはり成人したからでしょうか。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/21 18:32
成人の日&同窓会
ごきげんよう。新成人がブログを更新していますよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/15 04:31
年末
日本の年明けは近いぜよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 19:46
 やどかりは、己の成長に合わせて背負う貝を変えていく。背中に窮屈さを感じながら、次なる貝殻を探し当てることができないとき、さまよえるやどかりはどんな気持ちなのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/30 01:41
学祭
 ここのところかかりきりだった学祭が終わった。今年は企画責任者を務めたのだけれど、良くも悪くも想定の範囲内でいちおう成功裏に日程を終えることができたように思う。来年へ向けた実現可能そうなシナリオもある程度描けた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/09 01:46
十代最後の旅 4.十日町にて三日間
 束の間の実家を後にして、ゆるりと鈍行列車でぐるりと山を回って新潟へ。目指すは十日町市。はたして町なのか市なのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/18 00:51
十代最後の旅 3.一時的社会帰省
 新宿で友人と再会したのち、都下の実家へ。帰省と寄生が同音なのはきっと偶然ではない。たまにしか帰らないのだから親孝行するべきだけれども、いつもだらだらとすごしてしまう。経済性より栄養価を優先した食事、湯を張った風呂、空調機器、無線LAN、自家用車など、宿舎生活とは月と鼈の環境である。そういえば実家では鼈も飼育している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 23:19
学会
 学会の運営スタッフとしてアルバイトをした。教科書で名前を覚えた著名な学者を、受付係として案内したり、将来やりたい分野の第一線で活躍する教授たちに人生相談できたりと、バイト代以上の収穫があった。憧れに少し近づいた気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/12 02:11
十代最後の旅 2.新宿の夜
 東京に戻ることは、すなわちアウェイに殴り込むことを意味する。東京には実家があり、高校までの人間関係があり、きらびやかな都会がある。ここでは研究学園都市の常識は通用しない。ビル群の隙間を歩く人々は、おそらく昆虫の生活史戦略に微塵も興味を持ってくれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/12 02:04
十代最後の旅 1.筑波を発つ
  研究室の一角には、約100匹の虫の蛹がある。解剖実験のために野外から採集してきたものだ。広い皿に盛られた大量の蛹は、さながら中国の露店で計り売りされる漢方薬のようである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/10 17:11
蜂月
 残暑厳しく懐寒く、エアコン無き六畳一間におきましては、汗と蛇と標本とエタノールのかぐわしきハーモニー、もとい臭気を湛えてございます。昆虫のみならず細菌バクテリアの類も活発なこの季節、周囲の有機物はみるみる腐敗します。自分の体が腐ってないのが不思議なくらい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/21 22:52
7月
7月  友人とカブトムシを採ったり、ホタル狩りに行ったりと楽しい毎日です。この大学を選んで良かったと今更ながら実感してます。蒸し暑い夜の水田、頭上に輝く夏の大三角、眼下に瞬くヘイケボタル。と、書き出すと字面上10代最後の夏を満喫しているようです。実際はマダニに噛まれたりイノシシらしき獣とすれ違ったり、いいことばかりではありません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/07 02:51
努力・青春・才能・将来について考えさせられた四月
【要約】 いろいろと考えさせられたものの、頭の中は依然としてぼんやりしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/28 01:48
渋谷漂流記
 「渋谷漂流記」はライムスターのアルバム「マニフェスト」の一曲です。Youtubeで探しても見つからなかったので元ネタのほうを紹介すると、The blue notes の Here I am という曲の冒頭をサンプリングしてます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/02 00:03
3月
3月  早いもので3月。今年度の締めくくりとして有意義に過ごしたいものです。2月は毎日更新することにこだわりましたが、今月は中身のある記事を書こうと思います。というだけの中身のない記事。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/01 23:35
一人暮らしが寂しくなるシチュエーションをここに列挙する
1.肩が凝ったとき  かつて実家暮らしだったころは、肩が凝ると家族同士で肩たたきをしたものです。今では肩をたたいてくれるひとはおらず、しかし日常のストレスは減らず、結果として肩こりは悪化します。自分で何とか処置を施そうと思ってきわめて独創的な姿勢で背中に腕をまわし、肩甲骨まわりのツボを押したりしていると、ちょっとした拍子に腕の関節をぐきと痛めてしまうのです。ああ、痛いなと顔をしかめ、一人で何をやっているのだろうと真顔になって寂しさを噛み締めます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/28 04:27
馬鹿とハサミは使いようならば、軍手とナイフは何に使われるのか?
 人類の進歩の歴史の一端は道具のR&Dに支えられてきました。現代を生きる我々の生活も、道具なしには成り立ちません。日ごろ無意識に使っている道具を失くして途方に暮れた経験をもつ人も多いのではないでしょうか。  私がある任意の人物に関心を抱いたとしたら、彼あるいは彼女を取り巻く道具に着目することでしょう。道具はその使用者の必要に応じてその人の手元に揃えられ、実際に使用されることによって傷や変色などの経時的変化を刻み付けられます。  いかなる道具をいかに用いるかは各人千差万別であり、ゆえに私たちは... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/25 02:25
帰京
帰京  東京に帰りました。実家の前にものすごい量の雪が積もっていてびっくり。近所のお子さんが作ったかまくらがまだ残っていました。自分で作らなくてもよい夕食、肩まで浸かれる湯船。長期滞在はしませんが、束の間の我が家を満喫してしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/11 10:13
期末考査終了
期末考査終了  期末考査が終わりました。試験に向かう途中で雪に足を滑らせて転倒しました。柔道部を引退して1年以上になりますが、体は受け身を覚えていたようです。大きなけがはありませんでした。テストでこけた感触はあまりありませんが、成績が出るまでは何とも言えませんね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/10 10:00
ろっぢんぐはうすだうん
 昨日の大雪で大学の通信回線が落ち、インターネットに接続できませんでした。一日に複数回の停電に加え、コインシャワーからは冷水しか出ず、寒さに震えながら一日を過ごしました。学生宿舎がここまでの機能不全に陥るとは思いませんでした。ホワイトハウスダウンという映画が公開されていたようです。まだ観ていませんが、おそらく大統領が停電や回線落ちに苦しむ超大作なのでしょう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/08 20:09
冬季五輪開会式
 生中継で見ました。きわめて感動的な式典で、不覚にも感極まってしまいました。とりわけロシア語学習者としては、学習の成果が少しだけ実感できたことが嬉しくて仕方がありません。昨年4月から露語学習を始め、先日の期末考査で最後の試験を終えましたが、一年間頑張った甲斐があったというものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/07 19:20
果てしなき乾き
果てしなき乾き  学生宿舎の共用棟で夜まで友人と勉強。案の定くだらない会話も多く、たいして勉強は進みません。途中、息抜きに数か月ぶりのアイスを食べました。寒い日に食べるものじゃあないですね。勉強が落ち着いてから、こちらも数か月ぶりの浴場へ。愚にもつかない話をしながらゆっくり湯船につかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/06 00:48
青い雪
青い雪  宮沢賢治の小説「なめとこ山の熊」では、雪景色が青色や藍色で表現されています。高校時代に現代文の授業で読んで違和感を感じました。今日初めて、雪が青く見えるときもあるのだなあと納得しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/05 02:11
まったくこまってしまった
まったくこまってしまった  一限目の授業。席に着くと、後ろの席の留学生に声を掛けられました。 「今日はテストの日ですよね?」  惜しい、この科目に限ってテストは来週なのです。その旨を伝えると、計画外だったのでしょうか、彼女は眉をひそめて言いました。 「私は、それはとても困る!」 そう言われても困ります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/03 23:59
雑録
 記事の主軸を構成するような話題のない一日には、とりとめのないことをいくつか書いておこうと思います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/31 00:49
学生宿舎系男子物語
 午後一〇時。明日の弁当のおかずが足りないことに気が付いて、きんぴらごぼうをつくろうと思い立った。まずはにんじんとごぼうを細切りに。それをシリコンスチーマーに入れ、電子レンジにかけて火を通した。コンロが使えないので、自分の部屋でできる調理はここまで。食材と調味料一式を持って共用の補食室に向かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/30 02:56
目覚ましありがたし
 今朝のことである。きわめて徹夜に近い状況でレポートを仕上げた私は、僅かながらの仮眠をとるべく寝床に就いた。既に朝日は昇り、硝子窓越しの烏の声を記憶している。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/28 02:14
マルハナバチの一種
 6時半起床。新聞を読みながら朝食を摂り、NHKのニュースを聞き流しながら課題のレポートを仕上げる。今日の授業は午後からなので、ゼミでの発表の準備を終わらせる。ロシア語の教室へ向かい、待つこと75分。講師が姿を現すことはなく、今日が期限のレポートも提出できず仕舞いだった。次回の授業は期末考査の筈だが、果たして試験は予定通り実施されるのだろうか。続く英語の授業では発表の機会があったが、今一歩いまいちだった。最後のコマの専門外国語の授業でも翌々週にプレゼンを行なう予定なのでそこで挽回したい。放課後は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 01:53
新年会
 友人と新年を祝いました。同じ学生宿舎に居を構える面子ならば経済感覚も一致します。料理はすべて手作り、会場は個人宅です。ささやかでつつましい集いでした。華やかさを見出すことはできませんが、私はこのような雰囲気の会合をとても好ましく思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/14 00:36
仏教
 読了。仏教の起源と成立や、それぞれの地域における信仰形態の特徴、現代社会における浸透の度合いなどについて広く浅く論じられています。入門書としてはわかりやすいものだと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/01/10 01:59
茶の世界史
 読了。東洋で生まれた飲茶の文化がどのように西洋へと伝わり、普及したのか。貿易の記録など、細やかなデータから論理的に展開される茶の歴史。茶が定着した国と、しなかった国の違いや、コーヒー、チョコレート、茶の三つ巴の競争など、興味深く読みました。紅茶と緑茶の販促合戦も面白いと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/08 02:14
回顧2013
まずは昨年末の記事を振り返ってみましょう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/31 15:12
広告を消すために
90日以上更新を怠ると広告が自動で表示されるとのことですから更新します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/27 16:13

トップへ | みんなの「くらしぶり」ブログ

先輩・友人

茶房 とげとげ庵 くらしぶりのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる