アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「昆虫」のブログ記事

みんなの「昆虫」ブログ

タイトル 日 時
国際昆虫学会 6日目
 よりによって学会の最終日に自分の発表があるため、最後まで気の抜けない毎日だった。この日も午前3時ころには目が覚めてしまい、発表のための原稿を暗唱していた。朝一番にポスター会場へと足を運び、セッティングを行なう。コアタイムは昼からなので、いったんシンポジウムへと移動し、いくつかの講演を聞くが、なんとなくそわそわしてしまって中身が入ってこない。少し早めにポスター会場へと向かうことにした。  コアタイムはまだ始まっていなかったものの、会場にはちらほらと人影があり、何人かを捕まえて説明した。個人的な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/03 12:34
国際昆虫学会 5日目
 今日は通常日程。プレナリーレクチャーが社会性昆虫の話題で、楽しめた。午前、午後ともにアリに関する複数の発表の時間帯が重複しており、苦渋の取捨選択を迫られた。それだけ分野が盛り上がっているととらえることもできるけれど、悩ましい事態である。午前中は、害虫としてのアリの管理と社会性昆虫の形成する構造体の2つの会場を往復。午後は侵略的外来アリのシンポジウムへ。  一通り発表を聞き終わると、いったん宿に戻って早着替え。ドレスコードありのディナーがあるからだ。会場となったコンベンションセンターにほど近い... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/30 16:48
国際昆虫学会 4日目
 今回の学会、自分の発表は最終日なので、最後まで気分が落ち着かない。今日は昆虫採集ツアーがあり、Disney wilderness preserveとやらへ。度重なる森林火災により、草原から松林までの遷移を絶え間なく繰り返す広大な土地だった。昆虫相に関しては日本とかなり毛色が異なるようだった。黒っぽいキアゲハのようなチョウや、血のように赤いタテハが舞うさまは圧巻。アリに関しては大型のCamponotusやOdontomachus、収穫アリとして知られるPogonomyrmex、ヒアリ,Solen... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/30 16:34
国際昆虫学会 3日目
 この学会では、朝の8時から講演が組まれており、7時台に朝食をとらねば間に合わない。そのため、昼ご飯を食べる正午ころにはかなりの空腹である。会場内の食事処には似たような味のメニューしかないが、背に腹は代えられぬ、腹が減っては戦ができぬということなので仕方ない。それにしても昼食に10ドルというのは割高に感じる。  ポスター発表にはあまり惹かれるものがなかったので、シンポジウムと口頭発表を中心に回った。社会性昆虫の神経生理や共生者の研究が面白かった。たいへん参考になる。学部生の研究発表を興味本位で... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/28 20:02
国際昆虫学会 2日目
 学会二日目の朝、指導教員の先生とホテルの朝食会場で待ち合わせたのだが、時間になっても姿がみえない。仕方がないので1人で朝食をとり、会場へ向かった。道すがら積乱雲のそびえ立つ空を見上げると、トンビを二回りほど大きくしたような巨大な猛禽が旋回していた。会場の周辺では、心理学の連想検査に使うような不思議な模様をまとったハナムグリを採集。Rorschach flower chafer と呼ぶことにした。  招待講演、口頭発表、ポスター発表、シンポジウムなど、よりどりみどりのプログラムで、時間が重複し... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/27 20:38
国際昆虫学会 1日目
 ホテルの朝食はカップケーキやマフィンからなる質素なものだった。米国流の食事には早くも食傷気味。日本から持参したインスタント味噌汁の出番は近い。午前中は、会場の周辺を下見がてら昆虫を探した。アギトアリやクシフタフシアリの女王がみられて大満足。また、点在する池には色とりどりのトンボや小さなゲンゴロウ、ミズスマシなどが認められた。林縁の木々の樹冠には、金属光沢を放つコハナバチやずんぐりとしたマルハナバチが飛び交っていた。虫採りには良いところのようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/26 14:19
国際昆虫学会 0日目
 気が付けば22歳、いたずらに馬齢を重ねることにいささかの諦観を抱きつつあります。誕生日の高揚感は次第に薄れ、ただ矢のごとき光陰にため息を漏らすばかりです。思えば、今年の夏も一瞬で去っていきました。実験と論文、そして院試が、熱い日々を無慈悲に収奪していったのでした。  夏が過ぎ風あざむさなか、Fountain of Youth (若返りの泉) の伝説を耳にしました。その水を口にすれば、失われた若さを取り戻せるとのこと。言い伝えによれば、その泉は新大陸のフロリダにあるのだそうです。失われた若さを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/25 20:15
石垣島
石垣島 行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/19 00:17
− タイトルなし −
 常陸太田市にて開講された実習からの帰りしな、道の駅で岩檜葉の盆栽を買って、水戸で映画「アントマン」を観て、偶然会った学科の同級生と県立近代美術館に行って、千波湖のコクチョウを観察してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/28 10:20
年始
年始 あけましておめでとうござます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/02 20:00
新入生に贈る学生宿舎の実用的昆虫図鑑(随時更新)
イントロダクション  本学のキャンパスは豊かな緑に恵まれています。「大学なのか、森なのか。」という公式ポスターのキャッチコピーが話題を呼んだこともあるほどです。とりわけ、大学の北端に位置する、筆者の入居する学生宿舎は、周囲を鬱蒼とした木々がとりまき、特に「森」の性格が強いといえましょう。  こうした環境に立地する宿舎においては、いたるところで昆虫との避けがたい遭遇があります。ところが、入居者の中には、それを知らずに宿舎生活を開始する人もいるようです。心の準備のないままに居室内で昆虫とエンカウ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/11 05:22
新入生に贈る学生宿舎の実用的昆虫図鑑 2. 居室に侵入する恐れのある昆虫
新入生に贈る学生宿舎の実用的昆虫図鑑 2. 居室に侵入する恐れのある昆虫 あなたの居室に訪れるかもしれない招かれざる客について。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/11 05:11
新入生に贈る学生宿舎の実用的昆虫図鑑 1. 不快・有毒な昆虫
新入生に贈る学生宿舎の実用的昆虫図鑑 1. 不快・有毒な昆虫  宿舎生活において最も注意すべき、不快あるいは有毒な昆虫を紹介します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/07 06:08
夜の訪問者
夜の訪問者  宿舎の灯りに誘われたのでしょうか。ミヤマオビキリガ、或いはカシワオビキリガ。とにかくキリガの仲間だと思います。自信はありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/24 00:55
雪上に舞う
雪上に舞う  フユシャクの一種。東京に帰りました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/23 00:19
○の上塗り
○の上塗り  先日描いたクロオオアリのシルエットの上に色を重ねました。いちおうアリには見える出来ですが、他の近縁種と区別できるような形態的特徴をうまく表現できているとはいえません。技術的な上達のために練習を積む必要があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/20 01:14
クロオオアリを描くなど
クロオオアリを描くなど  今日は研究室の先輩から画像編集ソフトの使い方を習いました。グラフの体裁を整えたり、イラストを作成したりといった用途があります。練習にクロオオアリのシルエットを描いてみました。これから各部の色を塗ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/18 01:21
まったくこまってしまった
まったくこまってしまった  一限目の授業。席に着くと、後ろの席の留学生に声を掛けられました。 「今日はテストの日ですよね?」  惜しい、この科目に限ってテストは来週なのです。その旨を伝えると、計画外だったのでしょうか、彼女は眉をひそめて言いました。 「私は、それはとても困る!」 そう言われても困ります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/03 23:59
ノコギリクワガタにまつわる高校時代の甘酸っぱくない話
ノコギリクワガタにまつわる高校時代の甘酸っぱくない話  高校2年生の、とある暑い朝のこと。校門をくぐると、二人の女子に声を掛けられました。 「下駄箱の中、見てくれた?」  一人は同じ進学クラスの高飛車な女の子(以降、高飛車さん)、もう一人は他所のクラスのこれといって特筆すべき印象のない女の子(以降、無印象さん)でした。  二人は校門と下駄箱を結ぶ進路を遮る形で立っており、そもそも僕はまだ革靴を履いているので、僕が下駄箱にたどり着いていないことは容易に想像できるはずです。そこまで頭が回らないのかなあと思いつつ、いいえまだですと答えると、二人は意... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/02 02:23
クツワムシ
クツワムシ  秋ごろに撮影したものです。こちらに越してきてから、地元にはいない虫を普通種として観察できるのでうれしく思っています。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/01 16:49
雑録
 記事の主軸を構成するような話題のない一日には、とりとめのないことをいくつか書いておこうと思います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/31 00:49
アリたちとの大冒険
アリたちとの大冒険  いま読み進めている本です。「昆虫学会界のインディ・ジョーンズ」ともいわれる著者が、世界を駆けまわって観察したアリの驚くべき生態を美しい写真とともに紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/29 00:15
シロアリ
シロアリ  英語の授業で、10分間のプレゼンテーションが課されました。さいえんてぃふぃっくなさむしんぐをてーまにちょいすしろとのこと。大好きなアリの話題で乗り切るのでは芸がありません。角度を変えてシロアリについて発表することにしました。参考に図書館から借りたのが本書。京都大学の松浦健二先生が、ヤマトシロアリの生態に関する研究の成果をわかりやすく紹介しています。特に面白く読んだのは、シロアリの生殖メカニズムに関して。たとえば女王は自分のクローンを産むため「遺伝的に不死身」となるそうです。社会性というシステム... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/27 00:12
サソリに紫外線を照射してスマホで撮影しパソコンに取り込んで色彩反転した画像。
サソリに紫外線を照射してスマホで撮影しパソコンに取り込んで色彩反転した画像。  タイトルの通りの画像です。サソリの外皮は紫外線を反射します。なぜでしょうかね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/25 23:29
コムラサキ
コムラサキ 2013年9月、東京都上野公園にて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/25 01:38
チャミノガ
チャミノガ  チャノキを食樹とする蛾としてチャドクガなどが有名ですが、ミノムシと俗称されるミノガの仲間にもお茶好きがいます。餌として茶葉を食うのは勿論のこと、身にまとう”みの”の材料もチャノキの枝や葉。一生を通じて衣食住の全てを茶樹に依存するチャミノガは、昆虫界きっての数寄者なのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/23 03:26
蝋梅
蝋梅  厳しい寒さが続いていますが、少しずつ春は近づいているようです。やわらかな香りが嗅覚をくすぐります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/18 03:13
クジャクチョウ
クジャクチョウ  昨年夏、長野県白馬村にて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 21:18
マルハナバチの一種
マルハナバチの一種  6時半起床。新聞を読みながら朝食を摂り、NHKのニュースを聞き流しながら課題のレポートを仕上げる。今日の授業は午後からなので、ゼミでの発表の準備を終わらせる。ロシア語の教室へ向かい、待つこと75分。講師が姿を現すことはなく、今日が期限のレポートも提出できず仕舞いだった。次回の授業は期末考査の筈だが、果たして試験は予定通り実施されるのだろうか。続く英語の授業では発表の機会があったが、今一歩いまいちだった。最後のコマの専門外国語の授業でも翌々週にプレゼンを行なう予定なのでそこで挽回したい。放課後は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 01:53
フユシャクの一種?
フユシャクの一種? 久しぶりに虫の写真。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/11 09:22
国立科学博物館
国立科学博物館  東京、上野駅の公園口改札。見慣れた横断歩道をいつもと違う方角に曲がる。子供の頃から幾度となく見学している国立科学博物館だが、通用口から入館する機会は数えるほどしかない。古めかしい扉をくぐると、山積みにされた資料や得体の知れない段ボールなどが出迎える。ここは博物館の裏側。幼いころから好奇心を掻き立ててきた場所ではあるが、あちこちを嗅ぎまわるような時間はない。館内で催されるイベントのお手伝いという使命を帯びているからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/11 01:35
小旅行
小旅行  心を休めにささやかな一人旅を計画しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/10 12:30
ルリジガバチ
ルリジガバチ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/06 02:00
トゲアリの栄養交換
トゲアリの栄養交換 オスの羽化を確認したついでに撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/05 03:05
ゴマダラチョウ
ゴマダラチョウ 宿舎のゴミ箱の前に飛来。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/04 03:01
ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ 五月のころに気まぐれで捕って気まぐれで展翅した標本。完成してから気づいたけれど、保管のための箱がない。アリの標本の何十倍もの面積を食う困ったちゃんです。はてさてどうしたものでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/03 02:42
オオミズアオ
オオミズアオ 友人の住む宿舎の玄関にて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/02 02:36
コクワガタ
コクワガタ 割と大型の個体。灯火に飛来。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/01 20:27
羽化
羽化 ありきたりだけれど劇的な絵面。魚露目8号をもちいて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/31 00:47
棘蟻蛹期:棘状突起形成
棘蟻蛹期:棘状突起形成 トゲアリのトゲってどうやって形成されるの? 日本人ならだれもが抱くであろうこの問いに迫りましたところ、蛹の状態ですでに突起は伸長していることがわかりました。写真をお楽しみください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/30 01:37
大象虫
大象虫  オオゾウムシ。漢字表記で貫録倍増!メタセコイアの樹皮についていた。恐らく灯火に飛来したのでしょう。そういえばメタセコイアも曙杉って表記だと雰囲気が変わりますね。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/29 01:49
蟻巡検
蟻巡検  田舎の暮らしも板につき、いなたい生き方も様になりつつあるちかごろ。不覚にも東京の二字にときめきを感じてしまうようになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/28 03:51
コオイムシ
コオイムシ  大学の中央を縦走する人工水路に定着しているようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/23 02:45
東京
東京  高校の友人とカラオケに行ってまいりました。茨城県人にとって上京というのは常況ならざる状況です。高速バスに揺られること2時間、高校時代と大して変わらぬ面構えの皆さんとの再会を果たしました。誰一人として染髪やピアスといったものに手出ししておらず、卒業後の自意識の劇的な変化等は認められませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/22 03:58
ニイニイゼミの羽化
ニイニイゼミの羽化 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/21 03:29
シオヤアブの捕食
シオヤアブの捕食  キイロスズメバチを捕食するシオヤアブ。勝敗が付く前に見てみたかったなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/20 03:08
ヒゲコメツキ
ヒゲコメツキ 学生宿舎の共用便所にて干からびていた個体。常々いい虫だと思っていたのだが、実物を目にしたのは初めて。ちゃんと展脚したらいい感じに雰囲気が出ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/19 02:44
ノコギリカミキリ
ノコギリカミキリ  灯火採集でつがいを採集できたので、写真を撮ってみました。左がオスで、右がメスです。最近のコンデジは便利なもので、工夫すればいろいろな用途の画像が撮影できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/18 03:12
灯火採集
灯火採集 下っ端作業員として参加してきました。人生で初めての灯火採集です。わあ楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/17 00:59
オオツノトンボ
オオツノトンボ 部屋の網戸に飛んできました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/16 00:23
マイマイガ
 友人とカラオケに行きました。人生で初めてのイベントです。多様な料金体系や興味深いVTRなど、システムに感動を覚えました。極めて低い頻度であれば行ってもいいかな。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/15 15:55
アメンボ
大学の池にたくさんいます。死んだ小魚の体液をちゅうちゅう吸っています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/14 03:55
クロクサアリとアメイロケアリの混成コロニー
部屋の近くで見つけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/13 02:39
チョウトンボ
部屋から徒歩5分ほどの距離に池があります。その周辺の灯火には水辺の昆虫が数多く飛来します。特にチョウトンボは翅の透過光が特徴的です。飛ぶのが遅いので簡単に捕まえられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/12 00:17
オオスカシバ
 大学構内のクチナシに飛来していました。おそらく産卵のため。鮮やかな体色や透明な翅が目立つ蛾。スカシバとはいうもののスズメガの仲間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/11 02:56
白いハサミムシ
脱皮直後のヒゲジロハサミムシ。ほやほやです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/10 13:25
ムネアカセンチコガネ
玄関の灯りに誘われて床に転がっています。いい虫です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/09 00:06
ヒメギス長翅型
部屋から数歩で昆虫観察ができる良い部屋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/08 01:12
コフキコガネ
灯火に飛来した個体。触角が発達しているのでオスであると判別できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/07 21:03
ヤマトっち
 月当たり二万円以下という家賃の部屋に住んでおりますと、必然的にゴキブリと仲良しになります。クロゴキブリ、チャバネゴキブリ、モリチャバネゴキブリ、ヤマトゴキブリの4種類がいるみたいです。写真はヤマトゴキブリ。 タイトルは小学校時代の友人のあだ名。元気にしているといいなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/06 00:29
ハバチのなかま
 はじめて筑波山に登った折に採集。大学院生の方の研究を手伝うために車で連れて行ってもらったのでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/05 02:42
ユウマダラエダシャク
 6月初旬によく見かけました。同定の難しいグループらしいので類似種かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/04 00:39
六畳間より
4月より関東の大学に進学しました。激安の6畳間にて一人暮らしをはじめて3か月あまり。愉快な毎日です。写真はクチバスズメ。大きくて可愛い奴です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/03 02:23
生存報告
お受験戦争の戦火をかいくぐり、わたくし何とか生きております。 まぁ、受験の話はさておき、愛くるしいアリのお写真をご紹介する運びとなりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/16 23:09
予算オーバー Fair is over
 大手町インセクトフェアに行ってまいりました。今年は初対面の先輩諸氏に随行したため、実り多きイベントでした。しょっぴんぐに関しては、破産寸前まで、と表現すると誇張になりますが、大いに散財した為、少なくとも本年中はお寒いフトコロ事情になりそう。まぁ最悪、朝露を飲んで霞を喰らって食い繋げばよいのです。会場でお会いしたみなさま、本当にありがとうございました。また、今後も様々御教示いただきたく、よろしくお願い申し上げます。取り急ぎ記録として。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/23 23:11
壱拾八歳
18歳になりました。いつの間にか、テレビでは年下のアイドルが歌い踊っています。年をとったものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/15 23:09
ミ☆アリ充☆ミ  ※もしもアメブロ風に書いてみたら
今日はひさしぶりのお休み^^ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/16 01:49
部活死活問題
日本生物学オリンピックであっけなく撃沈。試験後、生物部員3名で反省会。真面目にちゃんとやらんばー。頭が痛いとです。写真は餌を運ぶハヤシクロヤマアリ。アリみたいに団結して協働できたらいいな。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/15 01:16
草間ノ権力ノ権化ノ肖像
えらそうなバッタ。あなた利権を貪る悪徳中年か何かですか? 仮面ライダーっぽいかも。いやむしろ「第九地区」のエビちゃんか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/14 01:23
ぼくもくもも
なんとなく気分が浮ついて地に足がつかないような気がします。さながら宙に網を張る蜘蛛、或いは空を漂う雲のようです。嫌です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/13 06:46
モノノフ死す
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/12 00:48
ささないよ
ホシアシブトハバチ。鮮やかな彩りでなんだか危なっかしいですが、ハバチの仲間は刺してきませんので、素手でやすやすと捕えられます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/11 08:46
はちではないよ。
ヒメアトスカシバの交尾。スカシバ類の多くはハチに擬態しているらしく、一見するとアシナガバチか何かに空目してしまう。蛾ですよ、蛾。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/11 08:39
女子のお部屋を覗き見
クロオオアリ創設女王の初期コロニー。東京都多摩地域にて撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/09 08:23
タンタンとシュクシュク
おめでたでしたね、パンダさん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/07 11:38
近況報告
久しく更新がありませんでしたが、何とか生きております。 高校三年生はちょっと忙しいのです。ブログに構っていられなくなります。 まぁ、頑張らんば。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/17 21:21
いよいよ受験生
 今日から新年度、受験生活の本格的なスタートとなります。聴くところによると、受験勉強とは辛く長い道程だというではありませんか。打たれ弱い私にとっては悩ましい限り。しかし、考え方を転換すれば、これは受験というリアクターをとおして自分の虚弱な精神を更生せしめる好機ではないか、とも思われます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/01 21:41
急襲大学
早いもので春休みに突入してしまいました。先日の記事の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/26 23:44
アリヅカコオロギ
 「コオロギ」ときくと、秋の草むらできれいな声で鳴く虫というイメージがあるでしょう。しかし、どこの世界にも変わり者はいるもので、鳴かないコオロギもいます。鳴かないだけではありません。とても特殊な場所をすみかにして、変わった生活を営んでいるのです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/24 23:11
本年初採集
いつの間にか新年明けてまして、遅ればせながらおめでとうございました。本年は極力ブログに時間を割くのは避けないと、先が思いやられるお受験戦争です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/15 01:28
採りおさめ
...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/07 19:26
祝!! 生誕
 夏に飼っていたノコギリクワガタの採卵が成功していたようで、幼虫が誕生しちゃってました。殺すわけにはいかないので、ホームセンターで腐葉土を買ってきて瓶に詰め、飼育体制を整えました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/30 16:10
武蔵野に採集する人は、蚊に刺されることを苦にしてはならない。
 久しぶりに雑木林を歩きましたが、秋になっても蚊が多くて閉口です。うっかり蚊取り線香を忘れたので十か所以上やられました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/23 20:56
トゲアリ近況
文章を書く暇がありませんので、写真のみお楽しみください。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/12 22:17
もっかもっぱらけんきゅーちゅー
 今季もこっそりアリの研究を続けています。高校2年生ともなると研究時間の捻出に苦心するもので、なかなかに忙しい難しい悩ましい。おのずと規模は縮小を余儀なくされます。目的を絞って期間を限って一点集中でやるしかありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/09 22:22
大手町インセクトフェア
柔道部で朝から練習してから、中央線に飛び乗っていざ大手町。何しろ今日は年に一度の国内最大級昆虫イベント「インセクトフェア」開催日なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/23 23:47
トゲアリ飛行
トゲアリの結婚飛行の季節になりました。八王子の山中にて。天気は晴れ、気温は28℃くらい。複数の個体が地表を徘徊していた。1個体のみ樹幹を登っており、少しびっくり。どこへ行くつもりだったのだろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/09/08 15:56
此の虫を今一度観察致し申し候。
大黒黄金虫。漢字で書くと貫禄120%増。九州で撮ったダイコクコガネをじっくり見てみる。この重厚さを描写するためには僕の筆致では追いつかないので、写真をどうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/08 00:30
夏休み終了まであと1日
阿蘇にたくさんいたヤホシホソマダラ。ホタルガやサツマニシキやオキナワルリチラシに通じる美しさがある。どうやら同科らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/30 23:21
夏休み終了まであと2日
東京に無事帰宅。1人で長距離を移動するのは楽しい。本当に充実した旅程でした。写真はお土産のヒゲコガネ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/29 17:27
夜のお楽しみ(あるいは一人肝試し)
旅先の夜の過ごし方といえば、山中に散見される街灯や自販機などの光源を巡回してそこに集まる光走性昆虫の採集に決まっています(断言)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/28 22:53
夏休み終了まであと3日
一夜明けて、2日目。相変わらずきれいな山々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/28 22:32
夏休み終了まであと4日
7:30、東京発。一人で飛行機に乗るのは人生で初めて。熊本行きの機内では熊つながりということで、吉村昭の「熊嵐」を読了。短い小説なのですぐ読めた。著者の正確で簡潔な筆致のおかげで、すごく怖かった。これからはクマがトラウマ。って、動物園みたいな一文に。馬鹿馬鹿しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/27 21:41
夏休み終了まであと5日
ひとりひねもす旅支度。ラジオ録音用のメモリーカードを購入。これで50時間分くらいは大丈夫。明日僕は南へ発ちます。東京に宿題を残して。写真はケブカクロオオアリのワーカー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/26 22:45
夏休み終了まであと7日
午前中に歯医者へ。非常に丁寧に症状を説明してくださる先生で治療に対しても安心感があった。簡単にではあっても、医者が患者に現状をしっかり説明することは重要だと思う。プラシーボ効果とか、イワシの頭も何とやらという言葉もあるけれど、治療法に対して信頼感が持てるかどうかというのは大きな問題では。とはいえ、歯のクリーニングのために顎の原寸大骨格模型まで見せられなくても大丈夫ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/24 21:59
夏休み終了まであと10日
画伯と山へいく。写真のオオミズアオを捕まえて興奮。綺麗。ヤママユガ科は役者が揃っていると常々感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/21 21:24
夏休み終了まであと11日
7時起床。Eテレをぼーっと鑑賞する。「デザインあ」は非常に素晴らしい番組だと思う。それ自体が一つの作品としてとらえられる品質。見とれてしまいました。「モリゾー・キッコロ」、「しぜんとあそぼ アシナガバチ」と、自然系の番組も良かった。教育番組はやはり見飽きない。目下専ら宿題の読書感想文に苦戦中。面倒くさい。写真はサトキマダラヒカゲ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/20 21:48
夏休み終了まであと13日
 起床したら正午。よくないなぁ。行きつけのお茶屋さんで煎茶100gを購入してきました。1000円也。連日の猛暑とは対照的に寒いフトコロ具合。それはさておき、ここ数週間お茶を飲んでいなかったので、久々の一服。心が穏やかになりますね。とても落ち着きます。  心が安らいだところで、アリのエサを採りにお出かけ。バッタ系はそこそこ大きくて体が柔らかいのでこれを何匹か採集します。帰宅後バッタに電気ショックを与えて神経を麻痺させてアリに与えるのですが、割とこれが精神的につらい。ただ肉食の虫を飼うためには... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/18 23:51
夏休み終了まであと14日
久しぶりに6時に起床。朝のEテレの教育番組を観てのすたるじぃを感じたり、新しい番組が多くて感じなかったり。虫を眺めているとぼーっとしてしまうが、勉強しないと。写真はエダナナフシの色彩変異例。この木に登るなら茶色が正解だろうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/17 23:59
夏休み終了まであと15日
 100均でお買い物をしてから、アリの飼育容器を作ってみる。加熱したカッターナイフでプラスチックの部品を切断していたら、体に悪そうな気体が発生したので窓を開け放す。暑い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 08:05
夏休み終了まであと16日
今更ながら、映画「ハッピーフライト」を観る。大傑作というほどではないけれど、なかなか楽しめた。キャラクターそれぞれが活き活きとしていると思う。良作。写真はスキャナで撮影したアオカミキリのなかま。若干変色しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 22:14
夏休み終了まであと17日
写真はノコギリクワガタの短歯型♂。近所で祭りをやっているため、自分の部屋まで盆踊りの歌が聞こえてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/14 20:29
夏休み終了まであと18日
この写真を撮るために家庭用プリンタのスキャナを分解して掃除。一枚撮るのに数時間を要した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/13 20:15
夏休み終了まであと19日
採集したトゲアリを飼育容器に移動したり、解剖したり。トゲアリの初齢幼虫が10頭ほど、卵が10頭ほどいるので最近頭の中はそのことばかり。写真はコクワガタの小型♂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 22:24
夏休み終了まであと20日
 久しぶりにフィールドで自然観察。青空と入道雲を仰ぎ、Tシャツと膝丈ズボンで21段変速のクロスバイクにまたがって爽快に出発。その5分後・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/11 23:56
夏休み終了まであと21日
夜道を歩いていたら、セミの幼虫がブロック塀を登っていた。ころころしてかわいいが、軽い抜け殻ばかり見ているので、摘まんでみて数グラムとはいえ重さを感じると違和感がある。そろそろ殻を脱いだころだろうが、無事に羽化したのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/10 23:14
夏休み終了まであと22日
午後から動物行動学に関するセミナーに参加させていただく。化学物質を昆虫に投与して、生理学・行動学的にどのような変化が出るのかといった内容。難しかったが、面白かった。父が新しく買ったカメラで講演の滑り台を撮ってみました。まだ慣れていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/09 23:03
夏休み終了まであと25日
今日も大学へ。サムライアリの奴隷狩り(←この用語は言葉狩りにあっているらしい)を観察することができた。観察終了後は蟻屋の飲み会に参加させていただく。とあるアリの世界的第一人者の方にお話を伺うことができ、収穫大。様々なお話が伺えるので、蟻屋の集まりは毎回が楽しみ。初対面の人とも短時間で盛り上がれる点は、共通の興味を持つ人々が集まることの魅力だと思う。ありがたいことに、いろいろな集会やイベントにお誘いをいただいており、夏休みはとても充実している。あとは勉強を頑張らないと。写真はキボシカミキリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/06 00:15
夏休み終了まであと26日
人生で初めて書いた論文がとあるジャーナルに掲載される。めでたい。笑っていいとものテレフォンショッキングに伊集院光が出ていた。面白かった。明日は大学へ向かうことに。そろそろ研究を進めなければ。写真はヤンマ系のヤゴ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/05 06:29
夏休み終了まであと28日
自転車で多摩川まで行ってきました。ハイイロゲンゴロウが大量発生。採集して飼育することに。トンボ類も多くの種がみられました。網を持っていかなかったのが残念。抱卵中のオオハサミムシと育児中のハマベハサミムシを発見。さらにこの地域では川沿いにしか分布していないエゾクシケアリのコロニーも発見。心残りはデカいスズバチを見つけたのに捕まえ損ねたこと。格好良かったのになぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/03 23:33
夏休み終了まであと30日
今日もお仕事。大変充実した一日でした。写真はクラスの女の子に頂いたノコギリクワガタ長歯型♂。チョコとかもらうよりよっぽどうれしいですよ、えぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/01 23:04
夏休み終了まであと31日
今日も大学の研究室のお手伝い。多忙につき取り急ぎ写真のみにて失敬。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/31 23:59
夏休み終了まであと32日
 日本蟻類研究会で大変お世話になっている先生が、小学生の子供たちにアリの魅力を伝える(先生曰く「早めに植えつけておくのが大事」。)講座を催されるということで、お手伝いをさせて頂きました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/30 00:49
夏休み終了まであと34日
自転車で雑木林へ。多摩川にかかる橋を渡り、山を越えて行くので目的地に着いた時点で既に汗だく。ノコギリクワガタの♀ばかり沢山採集できた(写真)。今後飼育する予定。トゲアリの引っ越しも観察できた。軽い熱中症でモーローとしながら雑木林をうろうろしてる時に飲むCCレモンはなぜこんなに美味しいのだろう。ミンミン、アブラ、ニイニイ、ヒグラシのセミ各種も鳴きはじめた。あいにくの曇りだったが、晴れればより多くの虫と出会えることだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/28 21:24
夏休み終了まであと36日
今日は中学校の生物部の活動にOBとして参加。中学生は良い意味で単純で元気なのでテンポを合わせると疲れるなぁ。活動終了後はSKGC画伯と雑談、気がつけば1時間以上たっていてびっくり。帰宅後、久々に散髪。頭髪の横幅が狭まったので相対的に頭部が縦方向に膨張したように見える。明日はおでかけなので今夜は早めに寝なければ。写真はカノジョといちゃつくノコギリクワガタ中歯型♂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/26 21:02
夏休み終了まであと37日
今日も柔道部の練習。久しぶりに剣道部の皆さんと練習時間が競合する。剣道部の皆さんと語らいながら帰宅。他には特筆すべきことなし。写真はコマルハナバチの雄。かわいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/25 22:01
夏休み終了まであと38日
きょうは、せいぶつ部のこもんの先生と、ともだちのSKGC画伯といっしょに、イカのかいぼうをしました。かいぼうはひさしぶりだったので、ぼくはなん日かまえからたのしみにしていました。手始めに、イカの外套膜を正中線に沿って切断し内臓塊から解離。頭部を縦断し口器の立体構造と強度を確認し、ついでに眼球から水晶体を摘出して蛍光灯にかざして遊んでみたり。外鞘・墨汁嚢・鰓をいじって一通り終了。きがついたら、10ぱいいじょうのイカをかいぼうしていたので、ぼくが「たくさんのイカをかいぼうしたね」とSKGC画... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/24 22:12
夏休み終了まであと39日
午前中から八王子の山へ。様々な収穫があったので満足。気温が高すぎず、ここ数日はよい風も吹いていてまさに野外観察日和。ただ、膜翅目系の獲物はあまり採れなかったので少し残念。午後は柔道部の練習へ。道場に到着すると自分と1年生の後輩1名しかおらず、練習どころではないのでとりあえず掃除をする。結局最後まで2人きりだったので少し打ち込みをやって終了。その後、学校見学会の準備で校内を掃除し帰宅。柔道というより掃除のために登校したようだった。明日はイカの解剖助手として働く予定。写真は大型のムシヒキ、シ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/23 22:26
夏休み終了まであと40日
今日も柔道の練習。登校中にアカクビトラカミキリを採集する。かわいい。昨日よりは気温が上昇したものの、涼風が心地よく柔道も捗る。秋の試合に向けて徐々に練習量を上げていかなければ。この夏、学校に導入されたシャワー室を初めて利用。汗を流せることの幸せを噛み締めるも、節電のためか蛇口からは冷水しか出ず閉口。明日は野山に混じりてよろづの虫をとる予定。写真は雑木林で見かけたクロヒカゲ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/22 21:15
夏休み終了まであと41日
生物部の夏季活動を行っている後輩たちのご尊顔を拝謁すべく懐かしの中学校へ。みんな元気で一安心。良識派の部長の下で主体的に活動しており感心。数年前なら誰がこんな生物部を想像できようか。とにかく、例年になく素直で真面目な世代なので大いに期待。後は柔道部の夏練習。久々の柔道で若干の疲労が残る。参加人数が増えてきたのは良い傾向。現在夜ですが、これから勉強頑張ります。ちなみに写真はコクワガタの5pに迫る大物。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/21 22:56
夏休み終了まであと42日
今日から夏休み。今年は勉強と研究の夏になりそう。高校2年生の夏にアリを眺めて過ごすとは酔狂な。今のところ胸トキメク色恋沙汰や「この一球に、賭ける夏。」的な青春の汗を流すイベントは皆無ですが、僕は研究さえ満足にできれば精神的には不自由しませんから多分大丈夫。ともかく、依然として低空飛行を続ける英・数の成績不振を脱却し、受験戦争の中を行軍する橋頭堡としたいところ。それにしても、受験経験は小学校のお受験のみで普段は虫捕りにカマけてロクに勉強せずという内部進学のサラブレッドにしてゆとり世代の申し... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/20 23:43
モンシロチョウ
              2011.6.18 東京都八王子市 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/28 21:21
ベニシジミ
             2011.6.25 東京都八王子市 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/28 21:16
ルリボシカミキリ
              2011.6.25 東京都八王子市 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/26 09:02
ヤマトタマムシ
              2011.6.25 東京都八王子市 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/25 23:24
ヤブキリ幼虫
             2011.6.18 東京都八王子市 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/24 23:24
ハエの一種
                2011.6.4 高尾山 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/24 23:19
アシブトハナアブ
              2011.6.19 東京都八王子市 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/23 22:53
クロオオアリの有翅虫を捕食するクモ
               2011.6.4 高尾山 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/23 22:50
オオカギバ
                 2011.6.5 高尾山 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/22 06:13
ナミアゲハ 後翅
             2011.6.4 東京都八王子市 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/21 19:46
コンボウアメバチの一種
                 2011.6.5 高尾山 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/21 19:42
カミキリムシ:詳細不明
            2011.6.19 東京都八王子市 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 22:11
ヒメシロコブゾウムシ
             2011.6.19 東京都八王子市 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 22:05
転倒虫の起き上がり方
Q. 七つの星をもつナナホシテントウという虫は広く知られているが、    写真のテントウムシはナナホシテントウの4倍の数のホシを有する。    この名称を求めよ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/24 20:48
蟻も目覚める八十八夜
トゲアリの活動開始を確認。天候は晴れ。気温は25℃くらい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/05 18:00
黒いシロアリ
オオハリアリのエサとして飼育しているシロアリ。一部の幼虫が羽化してシロくなくなりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/31 21:41
たまり場(Tama river)
休日の午後、市民の憩いの場となっている多摩川周辺。犬の散歩に来る人やキャッチボールする親子を尻目に、吹奏楽部の練習をBGMにしながら昆虫採集してきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/31 17:17
虫食う人も好き好き
2月某日にもらったんですが、これは・・・。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/27 20:27
走査型電子顕微鏡
で〜ん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/22 22:18
今冬の写真などA
行きつけの雑木林にて。野生動物の足跡。父曰く、たぶんタヌキ、とのこと。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/22 21:43
今冬の写真など
この冬に撮った写真を淡々と掲載します。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/22 21:30
お正月:雑木林探検
本年初めてのフィールド観察に赴きました。今回のターゲットは主に野鳥の撮影。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/03 17:44
「虫をとおして森をみる」
久しぶりに書籍の紹介。なけなしの虎の子の小遣いで購入した一冊です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/02 23:52
2010年最後の更新
本年も何とか更新を続けることができました。ひとえに皆様の応援の賜物です。一年間ありがとうございました。来年も何卒よろしくお願いいたします。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/31 22:03
回顧:2010 高尾山
今年、初めて高尾まで足を運びました(勿論、足のみならず全身を運んだのですが)。昆虫観察の名所とされるだけあって様々な種と出会えます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/30 21:44
標本
トゲアリ属Polyrhachisの標本の写真です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/27 13:24
回顧2010:日本蟻類研究会
今年度から、日本蟻類研究会に所属しています。プロ・アマ問わず、アリを愛好・研究する人々が集う団体です。8月に千葉県館山市で行われた研究大会に参加してきました。写真は館山の海です。アリに関する研究発表を聴講したり、懇親会で著名な先生にお話を伺ったり、参加者みんなでアリを採集したり、夢のような2泊3日でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/12 09:12
回顧2010:乗鞍高原
12月は「回顧:2010」と題して、うっかり記事にし忘れたネタを今年のうちに片づけたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/11 22:19
ハチのように刺す
アリ類は、分類学的には「膜翅目(ハチ目)」に属します。つまり「ハチ」という大きなグループの中で、地中生活を行い、翅が退化し、社会性を営む一群を「アリ」と総称しているのです。写真のオオハリアリPachycondyla chinensis(20.12.8 八王子市にて採集)は、アリ亜科では比較的原始的といわれるハリアリ亜科 Ponerinae に属し、和名の通り腹部尾端に針を有します。これは多くのハチ類と共通の特徴です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/10 19:48
KERA
韓国のポップグループ、KARAとは何の縁もゆかりもない昆虫、ケラ。野原や畑に生息するといわれていますが、河原で採集しました。植物の根を食べるバッタやコオロギの仲間です。この個体は幼虫ですが、成虫には翅があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/08 20:57
ご無沙汰しております。
 更新が滞っております。とあるイベントでポスター発表したり、柔道部の試合に臨んだり、模試を受けたり、某紙の紙面に本名が掲載されたりしてました。今後も某学会での口頭発表や期末考査に向けて頑張らねばなりませんので12月中旬まで更新が滞ると思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/11/28 21:05
草陰の視線
瞳の大きい女の子が好みという方、この子なんていかがでしょう? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/08/25 22:40
ゴキブリ最強神話への反駁
人類が滅亡したら、ゴキブリが世界を支配する―――こんな都市伝説を聞くことがありますが、野生のゴキブリの姿を見てもなお、この説を支持する人はいないでしょう。自然下において彼らは「やられキャラ」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/23 20:26
くれなゐのてふ
ベニシジミ。貝のシジミとは似ても似つきません。紅いシジミ蝶の一種です。「紅」というより橙色っぽいけれど。少し開けた草原で出会いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/22 21:22
スカシシリアゲモドキ
記事にしたところで誰も喜ばないであろうムシ。 標高2,700m、乗鞍岳山頂にて撮影。 シリアゲムシについて知らない方も多いかと思いますので「シリアゲモドキ」に至っては皆目見当のついていないのやもしれませぬ。まあ、翅の生えたハサミムシみたいな昆虫だと思ってください(※イメージです) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/20 21:21
いろちがいの ヤブキリを ゲットした。
むしとりしょうねんの ヤママユは タカオやまで ヤブキリを ゲットした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/08/15 21:57
ヤママユ:羽化
先日紹介したヤママユの幼虫が繭を作り、ついに成虫になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/31 08:29
オオゴキブリ
オオゴキブリが成虫になりました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/30 00:34
東京博物館めぐり
在籍する中高一貫校の特色を生かし、中学・高校の生物部合同での夏季研修(博物館見学)を行いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/29 00:20
ヤママユ:終齢幼虫
6月4日は「ムシの日」と言えないこともないですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/04 22:32
ミカドオオアリ
「ミカド=帝」のイメージにふさわしい、やんごとないアリです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/30 15:06
オオゴキブリ
八王子市にて採集。こちらも終齢幼虫。翅芽が目視できます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/29 19:56
ヤママユ:4齢幼虫
かわいい盛りになってきました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/28 22:52
雲仙国立公園
地獄のような殺伐とした風景が、そこにありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/05 21:53
釣り
長崎県某所の堤防で海釣りを行いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/01 21:52
週末にまとめて執筆 第二回
久し振りの昆虫観察です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/04/25 19:39
ヤママユ:脱皮(3令)
個人的な記録として。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/24 12:45
ヤママユ:脱皮
個人的な記録として。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 22:37
週末にまとめて執筆 第一回
AKB48の栄池美子ちゃんの握手会があるとのことで、アキバに馳せ参じ申し候。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/04/18 00:16
ヤママユガ
個人的な記録として。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/11 21:35
クロナガアリ
個人的な記録として。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/11 17:11
高校、初登校
高校生活、スタートです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/07 20:31
膜翅目シーズン到来!
膜翅目(まくしもく)とは分類学上の用語で、アリとハチの仲間をひとまとめにしたグループ。翅が膜状を呈するのでこの名がつきました(「アリに翅は無い」と突っ込まれそうですが、生殖虫は羽アリと呼ばれ、一応飛べる程度の羽を有しています)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/20 23:52
トゲ、ゲット。
自転車のハンドルを握る手がじっとりと汗ばむような陽気の下、今季に於けるトゲアリの活動開始を確認し、数頭を研究用に採集。昆虫の季節が少しずつ近づいています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/03/05 23:04
流行性感冒感染拡大ニ因ル臨時休校ノ為五連休到来。
お久し振りです。特に理由も無く更新が滞ってしまいました。以後気をつけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/11/08 21:49
帰ってきました。
長野県へ行ってまいりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/21 21:57
夏の虫:揚羽蝶
鉄線の葉に、揚羽蝶が静止していました。よく見る昆虫ですが、とても華美で目に映える蝶です。(蛾の方が好きですが)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/25 23:03
ゲンジボタル
6月に通学路で発見しました。学校周辺にこのような昆虫が生息していることは、とても喜ばしいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/21 17:07
セセリチョウ
とある池にて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/20 17:32
生物チャレンジ&カブトムシ
「生物チャレンジ2009」なる試験に参加してきました。これは、全国の中学・高校生が、生物学に関する知識を競うもので、世界中から選手が集う「国際生物学オリンピック」の代表選考も兼ねた催しです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/07/19 22:47
自然観察会
トビズムカデさんと一緒に、緑豊かな八王子の里山に自然観察に行ってきました。青々と生い茂る葉から漏れる透過光が私を包み、暫し、放心状態に。学校生活での諸課題について沈思黙考する日常を、束の間忘れさせてくれます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/29 20:55
クロオオアリとミカドオオアリのけんか
研究目的を兼ねて、異なる種のアリ同士を闘わせてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/03/20 23:43
第二学年 修了
本日を持ちまして、無事、中学校第二学年の過程を修了し、明日からは所謂「春休み」です(写真は記事の主旨と全く関係の無い早咲きの桜)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/19 23:10
アシナガアリ
先日も写真を掲載したアリです。長身で細身というと格好良いのですが、人間に見立てると栄養失調気味なまでの痩せっぷり。里山の土中や石垣に営巣します。肉食なので、弱そうな割に獲物に対しては攻撃的です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/03/18 22:25
春の雑木林 その2
ハナダイコンの花が咲いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/03/17 21:32
春の雑木林
春の雑木林を散歩してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/03/16 21:05
『完訳ファーブル昆虫記 第5巻 下』
フランスの博物学者ファーブルの大著の、仏文学者である奥本大三郎氏による完訳版。本巻では、センチコガネ、セミ、カマキリが取り上げられ、綿密な観察に裏打ちされた鋭い洞察が展開されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/15 22:09
ミカドオオアリ
自室にて飼育しているミカドオオアリ。実際の体長は1cmほど。手前に見える米粒状の物体は、本種の幼虫です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/14 21:00
活動再開
長らく更新を休止しておりました。特に理由は無いのですが、不思議と記事を書く筆が進まず、というか、正確にはカーソルを打つ指が進まず、更新が滞っていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/03/13 21:59
アオズムカデ
細長くて歩脚が沢山ある生き物が苦手な方は画像を拡大しないことをお勧めします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 89 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/24 23:27
ウロコアリ:女王
昨日採取したコロニーの女王です。職蟻と比較して、体幅があることや、単眼が確認できること等の差異があります。少なくとも四頭の女王が見られました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/17 15:11
ウロコアリ
学校構内の石下に営巣していたコロニーを、後輩さんの有り難い支援により採取出来ました。写真の通り、細い体幅とクワガタムシのような大顎が特徴的な、2mm程のアリです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/16 22:19
カギバガ:蛹
落葉樹林内のコナラの若木より採集しました。頭部に角状の突起を持つ不思議な蛹です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/01/08 19:30
ハリナガムネボソアリ
                      (2009/1/7 八王子市にて採集) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/07 18:21
トゲズネハリアリ
                       (2008/1/6 東京都八王子市にて採集) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/06 22:01
ミノムシ
                       (2008/12/26 長野県菅平高原にて) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/05 23:28
オオハサミムシ
                           (11/29多摩川河原で採集した♂♀ペア) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/04 22:59
スズメバチ:越冬中
冬を越している昆虫を観察すべく、広葉樹の立ち枯れや倒木を破壊(叩き割ったり蹴り崩したり)していたときのこと。割れた木の断面から、オレンジ色の物体が現れました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/03 22:49
『日本産アリ類全種図鑑』
お年玉で購入しました。我が国に産するアリ全273種をカラー写真付きで紹介する網羅的な図鑑です。「アリ学(Myrmecology)」を修めんとする者にとっては必携の一冊。眺めているだけで心が躍ります。一種ごとの詳細な解説や、同定に便利な検索表、付録のCD-ROMなど、盛り沢山の内容です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/02 22:59
謹賀新年
八王子にフィールド観察に行ってきました。冬の日差しの中で、早咲きの梅がほころびはじめていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/01 09:03
長野の冬
本物の「寒さ」を体感し、東京の冬を暖房なしで乗り切るため、長野県菅平に武者修行に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/30 23:51
アカイラガの幼虫
ドラエモンの「ビッグライト」を当てれば、「風の谷のナウシカ」に登場してもおかしくないようなこの幼虫は、典型的な「毒虫」であるイラガの仲間。「アカイラガ」という和名です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/12/29 22:44
コアシダカグモ
八王子で捕獲しました。巣を作らない大型のクモで、ゴキブリなどを捕食します。近縁種に、屋内生のアシダカグモがいますが、コアシダカグモはより森林などの環境を好み、体色も濃いことで区別できます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/28 23:20
来年の干支は?
あっという間に十二月。期末試験も終わり、今年も残りわずかですが、今回はマイブームになっている「ウシカメムシ(写真)」を紹介します。肩に生えた鋭い角が特徴。牛の顔のように見えませんか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/09 22:40
晩秋の虫達
朝、登校するのが辛いほど寒くなってきましたが、雑木林ではまだまだ頑張っている昆虫達がいます。日本の秋の代名詞である赤とんぼが、池の周辺を飛んでいました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/11/22 22:40
『動物という文化』
今回は、学校の図書館で延滞が4週間目に突入している書籍の紹介です。本書は、日本に於ける動物行動学の草分けとして知られる日高敏隆さんの著作。「人類は、最も高等な動物である」とする人間中心主義に疑問を呈し、様々な動物達の生き方を、それぞれの持つ「文化」として紹介します。地球の起源から生物の進化に至るまで、包括的な知識が得られます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/17 23:12
珍虫!ヤツアシナナフシ
八王子の雑木林にて、珍虫「ヤツアシナナフシ(Phraortes tarantula)」を採集しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/14 22:50
『虫食う鳥、鳥食う虫』
 僕の通う中学校では、「月間スローガン」なるものが定められています。毎月、生徒会が生活習慣や校内活動についての指標を掲げ、全校一丸となって挑戦しようという試みなのですが、強制的な一面もあり、生徒の自主的な取り組みを促すための活動としては、効果が限定的である事は否めません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/12 22:53
タテハチョウ
この季節、我が家の周辺で見られるタテハチョウたちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/06 20:58
秋の自然観察(その5)
久しぶりに雑木林に向かうと、いつもの猫が丸まっていました。どうやら、この周辺に住み着いているようです。僕は「ケモノ」はあまり好きではないのですが、猫のような気ままな生活がしたいとよく思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/03 21:15
秋の自然観察(その4)
雑木林に近い駐輪場で、セスジツユムシ(Ducetia japonica)を発見。綺麗な緑色が目にも鮮やかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/25 16:54
秋の自然観察(その3)
草地へ向かう途中、真っ白いカメムシを見つけました。これは、いわゆるアルビノ(白化個体)ではなく、羽化直後で体の色がまだ付いていなかったからのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/10/18 22:35
秋の自然観察(その2)
自転車を走らす道の脇に、小規模のキャンプファイヤーのような炎が上がっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/12 22:24
秋の自然観察(その1)
午前中の雨から一転して、秋晴れとなった今日の空。自転車に乗って、昆虫観察の旅に出かけました。自転車にまたがる寸前、耳元で恐ろしげな音が聞こえてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/11 23:16
インセクトフェア
毎年、秋分の日に、大手町サンケイプラザにて催される「インセクトフェア」に行ってきました。国内外の昆虫関連の業者(標本商・採集家・養殖業者・図鑑出版社など)が大手町に集結し、出店するイベント。販売される標本や生体、飼育・採集器具の数は圧倒的です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

2008/09/23 22:31
失恋カメムシ
このカメムシ、「エサキモンキツノカメムシ (学名 Sastragala esakii)」といいます。通学路などでもよく見られるメジャーな昆虫です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/09/17 22:47
光るアゲハチョウの幼虫
庭先で、アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫を発見。不思議なことに、体全体がホタルのように光っています。最新の研究によって発見されたこの性質は、ナミアゲハの一部の個体群に見られる特徴で、ホタルと同じ発光物質であるルシフェリンとルシフェラーゼを体内で作り出す遺伝子を持っていることが原因です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

2008/08/29 23:27
シギゾウムシの一種
急に秋めいてきた今日この頃ですが、秋になると食べたくなるのが栗。そして栗の中に時々入っているのがこの昆虫の仲間です。せっかく食べようとした栗に小さな穴が空いていて、その中身が食べられているとしたら、犯人はこの昆虫なのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/24 23:17
栗林慧写真展
六本木の東京ミッドタウンで開催中の栗林慧写真展「躍動する小さな生命たち」を見てきました。8月2日には栗林さんのトークショーも行われ、写真をスライドで見ながら、楽しい昆虫の話を聞くことが出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/08/03 18:45
「昆虫4億年の旅」
東京都写真美術館で開催中の今森光彦写真展「昆虫4億年の旅」を見に行ってきました。写真の昆虫は「ヨツコブツノゼミ」。蝉の仲間ですが、外国(ブラジルで撮影)の昆虫です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/02 22:01
大和玉虫
それは、ある日の昼下がり。昆虫観察にやってきた雑木林の木陰で、菓子パンをほおばりながら読書にいそしんでいた時のこと。(ちなみに、本の題名は『ハチとアリの自然史』。一読の価値アリ)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/29 22:37
カブトムシ
今年も我が家にカブトムシがやってきました。八王子の雑木林でゲットしたもの。まさに昆虫の王者の風格が漂っています。現在、♂二頭、♀一頭を飼育中。カブトムシを見ると、夏休みの実感が湧いてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/07/27 21:46
夏休み開始
梅雨も明け、待ちに待った夏休みがやってきました。夏の花・朝顔も開花。これからエンジン全開の四十二日間が始まります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/22 22:31
昆虫観察
期末考査も終わり、トンボ観察スポットへ行ってきました。クロイトトンボ(Cercion calamorum)の産卵シーンに遭遇。金属的な光沢が美しいトンボです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/06 22:41
ネジバナと蜜蜂
ネジバナの花にセイヨウミツバチ(Apis mellifera)がやってきました。螺旋階段を登っているような格好です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/29 22:13
コオニヤンマ
睡蓮の季節。いつも自然観察に行く池で、コオニヤンマ(Sieboldius albardae)の姿を見ました。オニヤンマより少し小さいのですが、どことなく風格が漂っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/28 22:18
オオシオカラトンボの産卵
デジカメのビデオカメラ・モードで撮影しました。このブログ初の動画記事です。再生マークを押して、ご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/27 20:43
アサギマダラ
黄昏時、珊瑚樹の花に飛んできたアサギマダラ(Paranatica sita)を見かけました。かなり近くで撮影しても逃げることなく、優雅に飛んでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/24 20:52
スジグロシロチョウ
梅雨の晴れ間に散歩していると、スジグロシロチョウ(Pieris melete)に出会いました。花の蜜を吸っているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/22 13:35
オオシオカラトンボの交尾
オオシオカラトンボ(Orthetrum triangulare)を観察していると、交尾のシーンに出くわしました。こちらは♂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/06/19 23:11
源氏蛍
通学路で、紫陽花の葉にとまっているコメツキムシのような昆虫を発見。胸部の赤い紋様が目に入り、捕獲してみると、ゲンジボタルの(Luciola cruciata)♀でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/18 22:16
トンボ観察・番外編
トンボ観察で見つけた昆虫たちです。まずは、ハルジオンの葉にとまっていたハチ。種名はよく分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/17 22:47
トンボ観察・その三
比較的大きな池に観察スポットを移してみると、シオカラトンボ(Orthetrum albistylum)が縄張り争いをしている場面に遭遇。飛行速度が速く写真は撮れませんでしたが、すさまじい空中戦でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/16 22:06
トンボ観察・そのニ
池のそばでじっと身を潜めていると、「モノサシトンボ(Copera annulata )」のつがいがやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/15 11:05
トンボ観察・その一
予告通り、トンボ観察スポットに行ってきました。まずは、木立の中の水路と、その先にある池へ。当時、気温は29℃を記録していましたが、木の葉が日光をさえぎること、水があることが幸いし、ここ一帯だけはとても涼しく、梢を通して射す日の光がとても綺麗でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/14 18:46
イトトンボ
散策中に見つけたイトトンボ。種類はよく分かりません。明日、この個体がいた池に再び赴いて撮影してくる予定です。良い写真が撮れれば、またアップします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/13 22:05
トンボの季節
蓮の葉の上にとまっているオオシオカラトンボ(Orthetrum triangulare)を見つけました。飛行するために進化したトンボの姿は、完成された美しさ。自然の造形美に感嘆させられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/10 22:25
ギンヤンマの産卵
雑木林の中の貯水池で、ギンヤンマ(Anax parthenope )の産卵シーンに出会いました。静かに観察していると警戒心を解いたのか、目の前で産卵シーンを見せてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/08 22:08
アゲハチョウ
先日、取り上げた「アゲハチョウの幼虫」は、何故か姿が見えません。代わりに、長崎で撮影した「ナミアゲハ(夏型)(Papilio xuthus)」を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/06/05 20:53
大和尻上虫
八王子の雑木林で見つけた「ヤマトシリアゲ(ムシ)(Panorpa japonica)」。長い口(口吻)を持ったガガンボのような容姿が特徴で、林の中を好んで生息します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/30 21:13
キアシナガバチ
我が家には、毎年アシナガバチが巣を作ります。今年やってきたのは、「キアシナガバチ(Polistes rothneyi)」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/29 21:20
トゲアリ活動開始
僕の好きな昆虫のひとつ、「トゲアリ(Polyrhachis lamellidens)」です。赤い胸部と護身用のトゲがとても特徴的。アリの中でも個性派と言えましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/28 20:19
ベニシジミ
この季節、よく見かけるのがこの「ベニシジミ(Lycaena phlaeas)」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/05/26 22:37
アゲハチョウの幼虫
庭の山椒の木にいるナミアゲハ(Papilio xuthus)の幼虫。かなり大きく成長しています。ちょっとつついてみると、驚いて肉角(黄色い部分。臭い匂いがする)を出します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/24 18:20
たびら昆虫自然園−九州の旅B
毎年長崎に来ると必ず訪れるスポットが、ここ「田平昆虫自然園」。例年は夏に来ていましたが、今年は春の昆虫を観察できました。躑躅の蜜を吸いに、小青花潜(Oxycetonia jucunda)がやってきていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/05 13:50
春の蝶
ユキヤナギの蜜を吸いに来たスジグロシロチョウです。モンシロチョウと誤認している人も多いようですが、別種とされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/18 22:17
春の虫
この画像の中に、とある昆虫が二匹隠れています。さて、どこにいるでしょう? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/17 21:12
春の花シリーズE 著莪
八王子で見つけた「著莪(シャガ)」です。蜜を吸いに着たのか、ニホンミツバチのような蜂が花びらにとまっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/13 15:25
クロオオアリ
庭の山椒の木に、クロオオアリがやってきました。大顎の手入れをしているようです。日本最大のアリとされるだけあって、オオクワガタのような貫禄です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/12 21:45
春の花シリーズC 連翹
連翹の花の上で、ナミテントウが休んでいました。春らしくなり、虫が活動する季節がやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/01 21:39
春の花シリーズB 雪柳
和名の通り、まさに雪のように美しい雪柳。ハナアブが蜜を吸いにやって来ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/31 21:08
山叺(ヤマカマス)
八王子の雑木林で見つけました。「ヤマカマス」とは、ウスタビガの繭のこと。昔、藁で作った袋のことを「叺(かます)」と呼んだそうで、その形に似ていることからこう呼ばれているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

2008/01/12 13:53
冬の昆虫たち
昨年末、多摩川の清掃ボランティアに参加した折、ナナホシテントウを見かけました。本来は越冬中で活動しないはずですが、草の上を登って飛んでいきました。暖かい日だったからでしょうか。それとも地球温暖化の影響でしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/01/08 21:14
昭和記念公園
自転車に乗って、昭和記念公園に行ってきました。黄金に色づいたイチョウや紅葉の写真を撮ったり、原っぱで弟とキャッチボールをしたり。期末試験の疲れを癒すことが出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/12/09 18:50
トビナナフシ
9月ごろ、八王子の山で見かけました。ナナフシの多くは木の上に生息しているため、翅が退化していますが、この種には翅があります。しかし、飛ぶのは得意ではないようで、トビナナフシが実際に飛んでいる姿は見たことがありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/12 20:41
「大ロボット博」&「ファーブルにまなぶ」展
国立科学博物館で開催中の「大ロボット博」と「ファーブルにまなぶ」展を見てきました。「大ロボット博」は、「ファーブルになまぶ」展の前菜のつもりで見たのですが、昆虫型ロボットなどが紹介されており、予想以上に充実していました。中でも、人間の表情を再現したロボットは実にリアル。本物の生首のようでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/11 19:41
「昆虫がヒトを救う」
「昆虫力」の著者でもある赤池学氏の著書です。「スズムシの鳴き声で精神疾患の治療をする」、「ハエの体液中に含まれる抗菌物質を人間の抗癌剤として利用する」など、医療の分野で活用される昆虫たちの知られざる可能性を紹介。昆虫に対する概念が少し変わるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/08 20:13
菊に集う虫たち
家の近くに、菊の花が咲いています。今がちょうど開花のピーク。蜜を求めて、様々な昆虫が訪れています。こちらは、オンブバッタ。となりの草むらから飛び出してきたようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/05 22:35
「虫食む人々の暮らし」
カミキリムシ、イモムシ、カメムシ、ススメバチ。この本に登場する食べられる虫たちです。日本でも少し以前まで普通に「昆虫食」が行われ、これらの昆虫も盛んに食べられてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/04 22:01
「昆虫採集の魅惑」
著者は、原産地から昆虫の標本を買い、日本のマニアに売る「昆虫標本商」。各国で昆虫採集した体験や日本のマニアとの交流を描く中で、「人はなぜ虫を採るのか」を模索していく一冊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/03 20:56
ナツアカネ
池の蓮の立ち枯れに、ナツアカネがとまっていました。アキアカネとともに、一般的には赤とんぼと呼ばれています。以前、夏休みに行った長崎県平戸市の海辺で、大量の赤とんぼが群れ飛んでいたのを覚えています。網を振れば必ずトンボが入っている「トンボ天国」でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/30 20:09
アオマツムシ
秋の夜に「リリリリ・・」という美しい声で鳴きます。我が家の前の柿の木にも、相当数の個体が生息しているようで、夜になると騒がしいほど。最初は何の虫の鳴き声か分からず、懐中電灯で探し、図鑑で名前を調べました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/29 18:25
オンブバッタ
いわずと知れた「オンブバッタ」。上に乗っている小さい方がオスです。草原を好む「ショウリョウバッタ」などと比べて、生命力が強いのか、小さな草地にも生息しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/28 18:03
「海を泳ぐアリ」
10月21日(日)に放送されたNHKの番組「ダーウィンが来た!」では、超高速で海を泳ぐアリとして、「ウミトゲアリ」が紹介されました。ウミトゲアリは、学校の生物部で研究していた「トゲアリ」の親戚のような位置づけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/23 21:05
ツマグロキチョウ
ツマグロキチョウが花の蜜を吸いにやってきました。動きが早く、カメラを近づけるとすぐに飛び立ってしまうので、撮影にも一苦労。時々、ツガイで飛び回っている姿も見られました。小学生の時、蛹を見つけて羽化を観察した事もある思い入れの深い蝶です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/22 21:37
「ファーブルに学ぶ」展
「昆虫記」刊行100周年を記念して、上野の国立科学博物館では「ファーブルに学ぶ」展が開催されています。その一環として行われた講演会「ファーブル昆虫記から100年−その記念展をめぐって」に参加してきました。周囲は中高年の人ばかりで、中学生の参加者は約1名でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/21 20:27
オニヤンマ
オニヤンマが、柿の木にとまって羽を休めていました。日本最大のトンボだけあって、風格が漂っています。近くの池では、雌が飛びながら水面にお尻をつけ、産卵しているシーンも見られました。来年の春にはヤゴが孵化し、夏にはトンボとなって、見事な勇姿をみせてくれることでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/19 20:21
オオカマキリ
「何か文句ある?」とでもいいたげなオオカマキリ。草むらでばったり出会いました。挑発的な視線は、最近何かと世間をお騒がせしている○○家のボクサーに似ているかも。鋭いトゲのあるカマは、バッタなど餌となる昆虫を捕らえる際に使用します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/18 21:06
お茶の花
我が家の前にあるお茶の垣根に、花が咲いているのを発見。晴れた日には、アリやチョウ、スズメバチなどが訪れています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/14 14:02
学園祭
昨日、一昨日と2日間行われた学園祭。僕の所属する生物部では、アリとオタマジャクシの二本立てで、日頃の研究成果を展示。アリ部門を担当した僕は、当日まで準備に明け暮れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/10/01 18:42
「インカ・マヤ・アステカ展」
昨日、上野の国立科学博物館で開催されていた「インカ・マヤ・アステカ展」に行ってきました。閉会日の前日ということもあって、着いたときには50分待ち。関心の高さが伺えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/24 19:54
ニラとミツバチ
近所に咲いているニラの花には、いろいろな昆虫が集まっています。中でも多いのはミツバチ。ニラの独特の匂いからは想像できませんが、ミツバチにとってニラの蜜は美味しいのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/20 20:30
サイクリング
休日に秋川沿いを通って、武蔵五日市駅までサイクリングに行ってきました。往復30キロ近くを走りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/18 21:04
アゲハの幼虫
庭の山椒にアゲハの幼虫がいました。そういえば、時々、成虫が飛んできて卵を産んでいるシーンを見かけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/16 11:05
秋景色U
栗拾いに行ったときに、黄金色に輝く稲穂を見かけました。実りの秋の風景です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/15 22:07
トゲアリ
八王子で、トゲアリを見つけました。このアリには、その名の通りトゲがあります。トゲアリの女王は、他のアリの巣に侵入し、その巣の働きアリに数日間馬乗りになって、相手の臭いを身にまといます。つぎに、その巣の女王アリに接近し、暗殺してしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/11 21:21
My Birthday
僕の1年ぶりの誕生日(当たり前です)。去年の誕生日は自宅で祝ってもらいましたが、今年は、立川パレスホテルのランチバイキングに連れて行ってもらいました。今日からは、13歳。これからも、勉強やスポーツ、そして、「お茶と昆虫の日々」を楽しんでいきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/08 22:31
標本完成!
先日参加した爆発栄螺さんの昆虫標本教室で作った標本が完成しました。今回標本にした「ライヒヒラタクワガタ」は、「ヒラタクワガタ」、「スジクワガタ」、「オオクワガタ」を足して3で割ったような特徴を持っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/09/02 18:40
栗林慧さん「虫の目になりたい」
現在、NHK教育テレビで放送中の「知るを楽しむ この人この世界」は、昆虫写真家の栗林慧さんが、ご自身が撮影した映像や体験を通して、昆虫の世界の奥深さを語るシリーズ。テキストも買って、毎週必ず見ています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/30 20:38
昆虫標本教室
立川のアレアレアで開催された昆虫標本教室に、昨年に続いて参加してきました。爆発栄螺さん(中央)の説明はとても分かりやすく、参考になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/08/26 18:41
九州の旅(昆虫編)
佐世保の朝は、クマゼミのシャーシャーという大合唱で始まります。この声を聞くと「今年の夏も九州に来たんだな〜」という実感がわいてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 13:28
九州の旅I
九州の旅の最終日は、福岡の九州国立博物館へ、「日本のやきもの」展を見に行きました。建物のデザインがとてもユニークです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/24 14:31
九州の旅G
長崎県の龍頭泉に行ってきました。その名の通り、大小いくつもの滝があり、とても美しい景観です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 22:21
九州の旅C
自然のままの昆虫たちを観察できる「田平昆虫自然園」に行きました。どこからも昆虫を持ち込まず、しかもいつ行ってもいろいろな昆虫に出会えるこの自然園は、虫好きの天国。長崎県平戸市にあります。ここではカブトムシやクワガタムシも、嫌というほど見られます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/14 21:34
ムネアカオオアリの飼育
那須高原でのサマーセミナーでつかまた「ムネアカオオアリの女王」。現在、三次元アリの巣観察セット「アリ伝説」で飼育中です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/03 12:44
「完訳ファーブル昆虫記」第4巻(上)
ファーブルが人間の知性と昆虫の知恵について考察します。特に、この巻では、ヨーロッパのヤママユの仲間「オオクジャクヤママユ」が登場。その巧みな繭作りを紹介します。ヤママユに関する実験を通して、「本能とは何か」、「昆虫に知性はあるのか」を問います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 22:00
サマーセミナー(後編)
三日目は、南ヶ丘牧場でソーセージ作りを行いました。今日が最終日ということで、虫探しにも気合が入っています(ソーセージ作りにはあまり身が入りませんでした)。今回、特に狙っているのはクワガタ系。何とか見つけたいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/28 22:26
サマーセミナー(中編)
二日目は、今回、一番楽しみにしていた那須高原のハイキングです。途中で渡った「つつじ吊り橋」は、全国二位の高さ、長さを誇るそうで、高いところが苦手な僕にとっては、とても怖い思い出となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/27 21:45
サマーセミナー(前編)
学校のサマーセミナーで、那須高原に行ってきました。向学心と昆虫採集精神に満ち溢れた三日間を、前編、中編、後編に分けて紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/26 21:59
「クワガタ飼育プロジェクト」
立川の「アレアレア」で開催された「爆発栄螺さんの甲虫教室」に参加してきました。今回の「クワガタ飼育プロジェクト」では、実践的なカブト・クワガタの飼育方法を、講師の爆発栄螺さんがわかりやすく解説。細かなテクニックから、思わず唸ってしまうような豆知識まで、とても参考になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/07/22 18:53
カブトムシの羽化
蛹になってから約10日。カブトムシがついに成虫になり、羽化の模様を観察することができました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/07/16 21:15
謎のクワガタ
自宅の近くで、死後間もないと思われるクワガタを発見。誰かに飼われていたものが逃げ出したのでしょうか。金色の縦じまの毛に覆われた、明らかに外国産のクワガタですが、図鑑などでも見たことがなく、名前が分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/07/09 22:50
コオニヤンマ
池のほとりで見つけたコオニヤンマ。オニヤンマより少し小さめですが、美しい姿はまるでセスナ機のようです。長い脚、小さめの頭が特徴。実に格好いいトンボです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/06 21:37
油蝉
今シーズン初めての油蝉を見つけました。苔むした背景に溶け込む様は、まるで忍者。図鑑で調べてみると、油蝉の成虫が出現するのは7〜9月なので、いち早く羽化した個体のようです。夏休みが近づき、昆虫採集意欲も高まってきた今日この頃。蝉の大合唱が待ち遠しい季節です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/05 21:44
カブトムシの蛹
先月から飼育しているカブトムシの幼虫が蛹になりました。幼虫だった時の皮が下の方についています(黒い丸いものが幼虫時代の頭)。昨日は、まだ幼虫の形をしていたのに、一日でこれほどまでに変化するとは驚きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/24 21:30
ホペイオオクワガタ、羽化!
昨年から飼育してきたホペイオオクワガタの幼虫のうち、4匹(オス2匹、メス2匹)がついに羽化しました。少し小さめのサイズですが、なかなか迫力があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/23 21:54
ナナフシ、現在。
2cmほどの幼虫時代から飼っているナナフシ。その後も成長を続け、今では、足まで入れると体長15cmにまで成長しました。更に数回脱皮し、最終的には足を含めて20cm程になるようです。ちなみにナナフシは「単為生殖」という機能を持ち、メスは交尾をせずに子孫を残します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/21 22:01
アシナガバチ、その後・・・。
先月、我が家の窓に巣作りをはじめたアシナガバチ。その後、働き蜂が3匹誕生し、女王蜂とあわせて4匹になりました。晴れて気温が上昇すると、扇風機のように羽を羽ばたかせて巣の温度を下げているようです。誰に教わったわけでもないのに、蜂の本能に驚かされます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/17 18:11
シロスジカミキリ
今シーズン初めての夜の昆虫採集に行ってきました。何箇所かの樹液ポイントをチェックし、コクワガタ、スジクワガタを数匹ゲット。しかし、狙っていたムネアカオオアリのオスは最後まで姿を現しませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/15 22:04
ムネアカオオアリの女王
学校の移動教室で行った国立赤城青少年交流の家で見つけました。この種は、クロオオアリと共に日本最大種として知られているだけに、見つけたときの嬉しさもひとしおでした ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/12 19:20
「楽しい昆虫採集」
「完訳ファーブル昆虫記」 の奥本大三郎氏と、日本昆虫協会副会長の岡田朝雄氏が、全ての虫好きに送る、昆虫の採集から飼育、標本作製までを網羅した「虫屋のバイブル」。本格的な昆虫採集の時期を前に、一度は読んでおきたい一冊です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/07 20:21
ヒメウラナミジャノメ
多摩川の土手で見つけました。ハルジオンの蜜を吸っているところです。モンシロチョウより少し小さめ。漢字で書くと「姫裏波蛇目」ですが、「蛇目」とは、羽根の目玉模様が蛇の目のように見えることから付いた名前だそうです。春から秋にかけて日本全国で見られる、ポピュラーな蝶です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/05 21:43
カブトムシの成虫
通学路の樹液ポイントで雄一1匹をゲット!今シーズン初の成虫です。 こんなに早い時期に成虫を見つけたことはなかったのですが、図鑑で調べてみると、カブトムシの成虫出現時期は6〜8月。いち早く羽化した個体のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/02 22:15
オトシブミ
通学路のエゴノキの葉にとまっていました(右が♂、左が♀)。これは、「エゴツルクビオトシブミ」という種類。まるで「昆虫界の首長族」のような姿です。メスは木の葉を巻いて、幼虫の住処&餌となる「ゆりかご」をつくり、地面に落とします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/05/31 21:22
カブトムシの幼虫
先週の柔道の練習の時、柔道協会の会長から頂いたカブトムシの幼虫(左が♂、右が♀)です。ずっしりとした重量感のある姿からは、成虫になった時の勇姿が想像できます。もうすぐ蛹になる時期なので、大切に見守っていきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/29 20:25
アシナガバチ
毎年この季節になると、我が家の決まった場所にアシナガバチが巣を作ります。調べると、「キボシアシナガバチ」という種類のようです。幸い窓際なので、刺される心配もなく室内から安全に観察できます。現在、10匹ほどの幼虫と蛹が2匹。写真に写っているのは女王です。今後、巣がどうなっていくか楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/27 19:55
「謎とき昆虫ノート」
ぐんま昆虫の森の園長・矢島稔さんが、長年の経験を元に昆虫の世界の奥深さを紹介。現代人の「昆虫離れ」に警鐘を鳴らすと共に、「生命を理解するには、昆虫との関わりが不可欠だ」と訴えています。虫好きにも、虫が嫌いな人にも是非読んでもらいたい一冊です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/05/26 10:52
ホペイオオクワガタ
昨年から飼っているホペイオオクワガタの幼虫。お年玉で買った菌糸瓶の中で大切に育ててきましたが、6匹のうち3匹が、最近ついに蛹になりました。写真の下の方にいます。蛹になった3匹は大きさからみてメスのようですが、残りの幼虫は大きめなのでオスだと思います。成虫になるまで3〜4週間。羽化がとても楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/05/22 20:51
ナナフシ、その後・・・。
以前に紹介したナナフシの幼虫が、その後何度か脱皮し、約5cmほどに成長。ナナフシらしくなってきました。それにしても、2週間余りで3pも伸びるとは驚きです。最終的には10pほどの大きさになるので、最初の頃から比べると5倍の大きさに。これからの成長が楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/05/12 22:09
クロオオアリの女王
学校で捕まえました。2センチ近くあり、(アリの中では)巨大な女王アリです。普通の人から見れば、ただのアリにしか見えないと思いますが、アリ好きの僕から見ると、風格のある立派な体格からは、働きアリにはない品格さえ漂っているように感じられます。飼育して、巣作りを観察したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/05/09 21:53
ナナフシ
通学路で見つけたナナフシの幼虫です。大きさは、約2p。家に持ち帰り、餌であるコナラの葉と一緒に瓶に入れたら、早速葉っぱに食いついていました。これも、「机の上で飼える小さな生き物」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/04/25 21:39
「博物学の巨人 アンリ・ファーブル」
入学式での創立者からのメッセージの参考資料にもなっていた本。奇しくも、先月読了していました。「昆虫の詩人」と謳われる昆虫生態学の先駆者アンリ・ファーブルの生涯に迫る一冊。ファーブルの名前の由来や「昆虫記」以外の業績など、あまり知られていなかったファーブルの姿が見えてきます。博物学の巨人 アンリ・ファーブル ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/12 20:56
「昆虫−驚異の微小脳」
「スーパーコンピューターとノートパソコン」ほどの性能の違いがあるという人間と昆虫の脳。しかし、昆虫は、早さ重視の情報処理と環境への適応能力で、今や「陸の王者」として君臨しています。人間の脳=「巨大脳」と、昆虫の脳=「微小脳」との比較を通して、昆虫繁栄の謎を解き明かす一冊。専門用語や参考文献も多い最新生物学の成果。最後まで読みきれる人は相当の「虫オタク」と言えるでしょう。昆虫―驚異の微小脳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/10 21:16
「昆虫の世界」
BBCが作成した番組。DVDで5巻セットの第1巻「侵略の群れ」を見ました。さすがはBBC。0.5ミリのトビムシから、3メートルのミミズまで、鮮明な映像の連続です。特に、巨大ムカデがコウモリを捕食するシーンは圧巻!しかし、虫が嫌いな人が見ると卒倒してしまうかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/31 13:29
「アシナガバチ一億年のドラマ」
昆虫社会学者の著者が、世界中のハチの研究をベースにして、カリバチの進化の道のりを解説したもの。ハチの育児からカーストの違いや巣作りの建築技術まで、この一冊を読めば「カリバチ博士」になれます。専門用語が多いので、よほど興味のある人でないとお薦めできません。アシナガバチ一億年のドラマ―カリバチの社会はいかに進化したか ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/25 19:08
「ニホンミツバチの社会をさぐる」
ニホンミツバチの分類学的位置づけ、飼育方法から、果ては蜂蜜の主要成分など、これを読めば「ミツバチ博士」になれる一冊。セイヨウミツバチとの違いもよく分かります。ニホンミツバチの社会をさぐる ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/19 21:06
木箱
学校で作った木箱です。僕にとっては超入魂の作品。 小学校時代の記念の品になりそうです。では、それぞれの面に描いた絵を解説します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/03/14 19:34
オオゴキブリ
4年生の時、友達と@接着剤は使わない。Aはさみ以外の器具は使わない。B一枚の紙で作る の3つをルールとして、色々な生物を模造する遊びに熱中していました。このゴキブリもそのルールに従って、折り紙で作ったものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 10

2007/03/02 21:01
冬の昆虫観察会
昭和記念公園で行われた「冬の昆虫観察会」に行ってきました。係員のお兄さんがイキイキと解説してくれました。こちらは、シロスジカミキリの産卵跡。平行にかじった跡が分かりますか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/25 15:27
繭コレクションその4−「クワコ」
久しぶりの繭コレクション・シリーズです。この「クワコ」は、絹糸を取るために飼育されている「カイコ」の原産種。カイコと同じく桑の葉を食べますが、繭の色はカイコと違い金色です。初めて実際の姿を見たのは三年生の時ですが、いまでも桑の葉にこの黄金の繭が光っているのを見つけると、とても興奮します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/21 19:33
カブトムシの幼虫
今日、飼育ケースをチェックしてみたところ、無事に成長していました。一匹しかいないので、腐葉土を独り占めにして元気よく育っているようです。雄か雌かはまだ分かりませんが、夏に羽化するのが楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/18 17:06
「虫たちの生き残り戦略」
4億年の歴史を持つ昆虫。彼らは環境に適応し、姿や生態を変化させることにより、長い進化の道のりを勝ち抜いてきました。本書ではその成功の具体例を挙げ、昆虫の世界の底知れない不思議を探求する楽しさを教えてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/16 21:32
「ホペイオオクワガタ」ご逝去
2004年9月に友達のT君にもらったホペイ。初めて育てたオオクワガタです。この度、2年4ヶ月の長寿を全うされ、逝去されました。 力も強く、カブトムシと戦わせて見たところ、相手の胸に穴が開いてしまったというエピソードもあります。つがいでもらった雌が卵を産み、その卵から育てた幼虫が、♀の成虫に育ちました。子孫を残し、僕にクワガタ飼育の楽しさを教えてくれた彼の勇姿をスキャンし、ご冥福を祈ります。合掌 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/21 20:02
「完訳ファーブル昆虫記」第3巻(下)
この巻は、カタジリンという毒を持つ「ツチハンミョウ」と、筒の中に巣を作る「ツツハナバチ」の話がメイン。ツチハンミョウの章では、様々な種類の生態を観察し、その奇妙な成長や、ロマンチックな求愛行動に迫ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/01/19 21:33
「昆虫にとってコンビニとは何か?」
タイトルに興味をひかれて読みました。28の項目からなり、その題名は全て「昆虫にとって○○とは何か」という問いかけになっています。農薬、環境問題、昆虫食など、様々な視点から昆虫と人間との関係を探ります。特に面白かった項目は、「昆虫にとってファーブルとは何か?」でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/11 20:16
「完訳ファーブル昆虫記」第3巻(上)
この巻に登場するツチバチは、コガネムシの幼虫を狩り、卵を産み付けます。コガネムシの幼虫には神経節が集中している部分があり、その一点に針を刺せば麻酔をかけやすいからなのです。では、ツチバチがコガネムシの幼虫を獲物に選ぶのは、いろいろな虫の幼虫を試したあげくのことなのでしょうか。ファーブルは、ダ−ウィンの進化論で説く「環境への適応」だけでは説明できない、虫の驚くべき生態や本能を明らかにしていきます。完訳 ファーブル昆虫記 第3巻 上 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/06 12:53
菌糸瓶
今日は、立川の第一デパート内にあるグランドビートルへ。お年玉で菌糸瓶を買わせて頂きました。この菌糸瓶は、現在6頭いるホペイオオクワガタの幼虫を飼育するためのもの。貯金は随分減りましたが、全員、元気に育って欲しいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/01/03 18:22
「アルキデスヒラタクワガタ」 ご逝去
9月に、某ホ-ムページのプレゼント企画で当選したアルキデスヒラタクワガタが、昨日、飼育ケースの中で遺体で発見されました。 元の飼い主からせっかく頂いた虫だけに、僕のショックは大きいものでした。並外れた力で大アゴを振るい、他のクワガタにはない機敏な動きとつぶらな瞳で、僕の心を掴んで離さなかった彼はもういません。死因は、転倒による体力の消耗と推測されますが、このような痛ましい事故が二度と起こらないよう、全力を尽くしていきます。(といっても、どう全力を尽くすんだか・・・)。謹んでその姿をスキャンし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/12/05 22:06
繭コレクションその3−「ウスタビガ」
ウスタビガも、ヤママユガ科の仲間です。この繭の別名は「ヤマカマス」。木にぶら下がっているときは、こんな感じです。(下の写真は、ハローウッズのページより)。成虫は、まるでモスラのよう。つぶらな瞳がとてもお茶目です。(写真は、むし探検広場より)。現在僕は、図工の授業で木箱を作成中。箱の側面には、「ヤママユ」、「ヨナグニサン」などの蛾と並び、この「ウスタビガ」も描かれています。完成次第、アップする予定ですので、乞うご期待。 と言ってみたところで、あまり期待する人はいないかも・・・。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/11/28 22:09
繭コレクションその2−「クスサン」
先日の「ヤママユの繭」に続き、今回はクスサンの繭を紹介します。クスサンは、ヤママユと同じヤママユガ科の蛾で、繭は「スカシダワラ」と呼ばれています。昔は繭から釣り糸をとっていたとのこと。幼虫は、「クリケムシ」「シラガタロウ」などと呼ばれ、ふさふさの青緑色の毛が特徴です。(幼虫の写真は、昆虫科学館より)。幼虫時代は、栗や楠を始め、銀杏、ウルシ等の葉を食べます。成虫になると、こうなります。(Yahoo!きっず図鑑より)(C)Kazuo UNNOこの虫も野外採集経験は、まだなし。 いつか出会えることを... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/11/27 22:18
繭コレクションその1−「ヤママユ」
このブログでの僕のニックネームにもなっている「ヤママユ」の繭です。今年の夏、多摩地方の雑木林で見つけました。実物は、5、6センチほどの大きさです。この繭から「天蚕糸」(てんさんし)と呼ばれる緑色の絹糸が取れます。この絹糸で作った製品は、色艶や手触りがよく、高値で取引されるようです。残念ながら、僕はまだ野生のヤママユを捕まえたことはありませんが、いつかは自然のヤママユを採集して育ててみたいと思っています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/11/22 22:10
ファーブル昆虫写真コンテスト
「完訳ファーブル昆虫記」を出版している集英社が主催した昆虫写真コンテストに応募した写真です。題して、「油蝉の羽化」。自宅の前で撮りました。昨日、結果発表があり、見事に入選!・・・・・と報告したいところでしたが、多くの素晴らしい作品を前に、僕の挑戦は適いませんでした。今年の入選作品を参考に、来年、再挑戦したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/11/16 21:31
オオミズアオの幼虫のその後・・・・
あの「オオミズアオの“キモかわいい”幼虫」 は、その後、ケースに入れておいた葉っぱをつむぎ合わせて、繭を作りました。その繭をあけてみると、・・・・。中から蛹が出てきたので、スキャンしてみました。蛹は腹をくるくる動かします。これがまた“キモかわいい”のです。触角の形からして♂だと思いますが、パーツごとに解説するとこうなります。スキャンした後は、ちゃんと繭の中に戻って頂きました。来年の羽化を心待ちにしています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/11/11 22:15
虫の詩人の館
東京の千駄木にあり、この夏行って来ました。「虫の詩人」とは、ファーブルのことです。「完訳ファーブル昆虫記」の訳者、奥本大三郎先生の自宅敷地に作られた施設。ファーブルの肉筆原稿や、ゆかりの昆虫の標本などが展示されています。僕が行ったときには、ちょうど奥本先生ご本人がおられ、憧れの蛾である「ヤママユ」について話を聞くことができました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/11/08 21:40
オオカマキリ
家の前で見つけました。秋も深まり、すっかり涼しくなってきましたが、元気に生きていました。秋の終わりと共に姿を消してしまいますが、成虫が残した卵からは、小さな幼虫が沢山生まれます。奥本大三郎訳「完訳ファーブル昆虫記」にカマキリが登場するのは、来年7月に発行予定の第5巻下。一度読んだ内容ですが、発売がとても楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/11/06 21:06
ルリボシカミキリ
この夏、「ぐんま昆虫の森」 に行ったときに撮影しました。その名の通り、瑠璃色をした宝石のような美しさ。思わず見とれてしまいました。ぐんま昆虫の森には、とにかく虫がたくさんいます。「新着記事」というタイトルの上にある写真も、ここで撮ったもの。僕のニックネームでもある「ヤママユ」を、野生の環境で初めて見ることができた場所でもあります。新緑のクヌギの葉のような美しい緑色をしたヤママユの繭が、今もまぶたに焼きついて離れません。虫好きな人は、一度は行ってみる価値アリ。生涯忘れられない夏の思い出になることで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2006/10/31 22:05
「原色日本蛾類図鑑」
学校の図書館で借りてきました。昭和33年に発行された、かなり専門的な図鑑です。もちろん「オオミズアオ」のことも載っています。「オオミズアオ」は、年二回、春と夏に発生し、夏のマユは木の枝や葉、秋のマユは落ち葉で作られるようです。昨日お伝えした我が家の「オオミズオアの幼虫」は、頭を8の字に回しながら糸を吐き、葉と葉を張り合わせて不恰好なマユを作りました。茶色に変色していた体色は鮮やかな緑に戻り、これから、蛹になる前の段階「前蛹(ぜんよう)」になります。このまま越冬し、順調にいけば来年の5月頃には羽化... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/25 22:13
柿と栗の和菓子
以前掲載した 「オオミズオアの幼虫」 が、茶色に変色。「キモかわいい」姿から、「キモイ」姿に変化し、糸を吐き始めました。現在の写真を出そうかとも思いましたが、「余りにもグロテクスだ」と家族に反対を受け(僕にとってはカワイイんですが・・・)、食欲を失う方がいてもいけないので、かわりに今日頂いた和菓子を載せます。黄色の餅の中にはあんこと栗が入っていて、赤い餅は柿の味です。秋を感じさせる深い味わいでした。「生なま新茶」のお供に頂き、とても美味しゅうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/10/24 21:12
ノコギリクワガタ
7月にお隣から頂きました。機敏な動き、すらりと長く、強力かつ強大な大アゴで、同居者をオダブツさせてしまったこともあり、他のクワガタからも一目置かれる存在でした。何者をも恐れないタイプで、自分より大きなカブトムシにも立ち向かい、投げ飛ばしてしまうこともありました。そんなパワーの持ち主だけに、カブトや他のクワガタが殆ど死んでしまった後も生き残りました。そんな彼も本日、天寿を全うし、見事に成仏されました。在りし日の勇姿をしのびつつ、「赤き戦車」の称号を贈りたいと思います。その姿をスキャンし、謹んでご冥... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/20 21:40
田平昆虫自然園
この夏に行った長崎県平戸市にある昆虫自然園。係りの人が1時間くらいかけて園内を案内してくれます。初めて行ったのは3歳の時ですが、自然の中で樹液をなめるカブトムシの姿を見て、虫の魅力に取り付かれました。僕にとって、「虫好きの道」に入った心の故郷です。それ以来、9年連続で通っていますが、毎回新しい発見があり、何度行っても飽きない奥の深い場所です。西日本にある為、僕の住んでいる東日本とは違う虫(ナガサキアゲハやクマゼミなど)が見られることも魅力の一つ。この昆虫園のすばらしい点は、どこからも虫を持ち込ま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/10/17 21:24
ホペイオオクワガタの幼虫
オオミズアオ、オオムラサキに続いて、「キモかわいい」幼虫、第三弾です。ずんぐりしたカブトムシの幼虫とは違い、すらりとした体つきに、滑らかな皮膚。その体は、まるで生きた芸術品です。僕には、陶芸品や華麗な花のように美しく見えます(こんな僕はやはり虫バカでしょうか)。ちなみにこの幼虫は三令幼虫で、これから前蛹、蛹を経て成虫になります。この幼虫が全部で8匹います。全員、立派に育ってもらいたいものです。成虫になるとこうなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/10/10 21:25
秋晴れ
気持ちの良い天気だったので、多摩川の河川敷までサイクリングに行ってきました。河原では、河原バッタ、モンキチョウ、オンブバッタ、イナゴ、ショウリョウバッタなどの秋の虫たちに出会いました。ススキの穂とコオロギの鳴き声に秋を感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 29

2006/10/09 21:18
宇宙人の頭、発見!
今日、奇妙な物体を発見した僕は、直ちにNASA(アメリカ航空宇宙局)に確認したところ、宇宙人の頭部であることが判明。「ニューヨーク・タイムズ」や「ワシントン・ポスト」などの海外メディアからも取材を受けました。明日、テレビや新聞を見ればこの話題で持ちきりのはずです。と、冗談はこれぐらいにして、では、この物体、一体なんでしょう?分かる人は、コメントに書き込んでください。答えは明日のブログで明かします。ずばり正解した方には、・・・・・。特に何も差し上げられません。お小遣いの大半をお茶と昆虫に使ってしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/10/05 19:13
ヘラクレスオオカブト
10/9(月)午後10時からNHKの番組「プレミアム10」で、「世界最大のカブトムシ・ヘラクレスを追う」が放送されます。長崎県に住む昆虫写真家の栗林慧さんが南米・エクアドルの原生林を訪ね、子供の頃からの憧れであったヘラクレスオオカブトを追います。今ではあらゆる虫を愛でている僕にとっても、このカブトムシは虫好きになったきっかけの一つです。大人になっても子供の頃の憧れを忘れず、18cmを超える巨大カブトを南米の原生林で追う栗林さんの姿に、男の熱いロマンを感じます。皆さんも、どうぞお見逃しなく。プレミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/04 20:05
オオムラサキの幼虫
先日、学校で見つけたオオムラサキの幼虫。頭の角や、背中についたフリルのような突起が特徴です。(僕にとってはチャームポイントですが)。このような形の幼虫は、タテハチョウの仲間だけ。以前から密かに憧れていました。オオミズアオの幼虫と同様、「キモかわいい!」虫です。幼虫のまま冬を越し、春になると脱皮して、蛹になります。それから2週間ほどたつと、中から宝石のような成虫が出てきます。オオムラサキは、「日本で一番美しい蝶」として、国蝶に指定されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/10/03 21:37
オオミズアオの幼虫
家の前のもみじの木で発見しました。最近流行の表現を借りれば、「キモかわいい」幼虫です。僕のニックネームにもなっている「ヤママユ」と同じ「ヤママユガ科」の蛾で、成虫の見事な青緑色の羽は、虫好きを惹きつけてやまない美しさです。学校では、榎の葉の裏にいたオオムラサキの幼虫3匹を発見しました。昨日まで21匹だった我が家の虫たちは、これで25匹に増えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/30 15:20
我が家の虫たち2
この夏、八王子市内の某大学構内でゲットした自慢のコクワです。4.5pと、コクワの中では大きめのサイズ。現在、我が家では、コクワ♀2、♂5、ノコギリ♂1、カブト♀1、アルキデスヒラタ♂1、ホペイオオクワガタ♀1、♂2、ホペイ幼虫8匹、合計21匹を飼育中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/29 20:15
「完訳ファーブル昆虫記」第2巻(下)
毒牙で獲物を一撃する「コモリグモ」の生態、クモを捕らえる「ベッコウバチ」の習性、次々と思いもよらない変身をとげる「ツチハンミョウ」の成長過程を紹介。中でも、卵⇒第一幼虫(一齢幼虫)⇒第二幼虫(2〜5齢幼虫)⇒擬蛹(六齢幼虫)⇒第三幼虫(七齢幼虫)⇒蛹⇒成虫と、とても複雑な成長をする「ツチハンミョウ」の観察はとても興味深く、虫の世界の不思議さをかいまみた思いです。完訳 ファーブル昆虫記 第2巻 下 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/25 21:43
「インセクトフェア」
都内某所で行われたインセクトフェアに行ってきました。場内撮影禁止だったので、写真をお届けできないのが残念ですが、本格的な「虫オタクの集い」でした。『完訳ファーブル昆虫記』の著者である奥本大三郎さんや、先月参加した標本教室の講師・爆発栄螺さんも来られていました。その道のプロが集まるフェアだけあって、一般の昆虫展や博物館などとは比較にならない充実ぶりでした。一体15万円もするクワガタの標本もあり、さすがに「これ一つ下さい」というわけにもいかないので、自分の財布と相談して、菌糸瓶2本(クワガタ飼育用)... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/23 18:32
我が家の虫たち
自慢の「ノコギリクワガタ」です。すっかり涼しくなった今でも、まだ元気でがんばっています。2年前、友達のT君からもらった「ホペイオオクワガタ」。子供♀も羽化し、我が家の虫たちの長老的存在です。これからも長生きしてほしいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/09/17 23:03
「アルキデスヒラタクワガタ」
先日、あるHPのプレゼント企画に応募し、見事当選!本日、ヤマト便で届きました。提供者の「釣人」さんは、「虫好きに悪人なし」という格言通り、とてもナイスな方でした。少々専門的になりますが、このクワガタの特徴は、アゴが短く突起が多い「短歯型」と、アゴが長く突起がない「長歯型」の二種類がいることで、この個体は短歯型です。まったく同じ種類なのにこうも形が違うとは、奥が深いクワガタです。これから大切に育てていきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/09/14 21:36
「完訳ファーブル昆虫記」第2巻(上)
仏文学者奥本大三郎さんの名訳シリーズ。全300ページに「虫の詩人」ファーブルの実験と発見が詰まっています。特に、この巻では、「アラメジガバチ」がいかにして地中の獲物を捕まえるのか、「アカサムライアリ」はなぜ来た道を忘れずに巣に帰れるのか、などの謎を実験によってひも解いていきます。ちなみに、このシリーズは全十巻。一巻が上下に分かれているので、合計二十巻!現在は第3巻(下)まで発刊されていますが、続刊が楽しみな作品です。完訳 ファーブル昆虫記 第2巻 上 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/13 21:19
お茶好き必見!テレビ朝日「宇宙船地球号」
9月10日(日)放送予定のテレビ朝日「宇宙船地球号」は、お茶好き必見の番組です。100g60万円もする、超高級烏龍茶「東方美人茶」の、蜂蜜のような甘い香りと、その香りをうみだす虫との関係を探ります。まさに、「お茶と昆虫の日々」にふさわしい番組です。番組ホームページのアドレスは、以下の通りです。http://www.tv-asahi.co.jp/earth/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/05 21:38
昆虫標本教室
立川の「アレアレア」で行われた昆虫標本教室に行ってきました。標本の「パリーフタマタクワガタ」は、ジャンケンで勝ってゲットしたものです。講師の爆発栄螺さんの説明はとても参考になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/27 09:32
赤池学著「昆虫力」&昆虫採集
この本には、昆虫の持つ様々なパワーや医学的な効果が紹介されています。「ヤママユの細胞には癌細胞を眠らせる効果がある」という一節は、ヤヤマユマニア(僕だけ?)必見です。今日は、八王子の山にて昆虫採集を行いました。秘密のポイントを見てみると・・・いました、カブト♀ゲット!続いてコクワ♂×3匹ゲット!最後はカブト♀で締めくくりました。かわいそうですがコクワ2匹は標本になることに。いつ行っても期待を裏切らないスポットです。昆虫力 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/26 22:17
オニヤンマ
スキャナーで撮ったものです。じつはこのオニヤンマ、ホームセンターで出会ったおばさんに頂いたものなのですが、どう見ても50歳を越えているおばさんが、どうやってあのすばしこいオニヤンマを捕まえたのか・・・・・謎は深まるばかりです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/25 20:33
オオカマキリ
夕暮れ時に杏の葉っぱに止まっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/23 19:44
スキャンな日々
養老孟司先生が書いた「養老孟司のデジタル昆虫図鑑」には、家庭用のスキャナー付プリンターでできるデジタル昆虫図鑑の作り方が載っています。早速、ためしに標本をスキャンしてみました。すっかりはまってしまい、一日1スキャンを目指しています。ちなみにこの標本は、「マダラコブゾウムシ」という虫です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/20 20:07
「養老孟司のデジタル昆虫図鑑」
解剖学者であると共に、無類の虫好きの養老先生の書いた本。家庭用プリンターについているスキャナーで、簡単に虫の写真が撮れる方法や、先生秘蔵のコレクション、エッセイなどが収録されています。中でも、「デジタル図鑑の作り方」は必見です。この本を読んだのを機に我が家でも、「養老式昆虫図鑑計画」が着々と進行しつつあります。養老孟司のデジタル昆虫図鑑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/08/20 15:47

トップへ | みんなの「昆虫」ブログ

先輩・友人

茶房 とげとげ庵 昆虫のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる